私がアフィリエイトに夢中になった2つの理由

私がアフィリエイトを始めたのは2015年です。アフィリエイトに関しては、今やネットにさまざまな情報があふれていますが、「うさんくさい」「アフィリエイトでは稼げない」などのネガティブな意見も多いです。

特にアフィリエイトを始めてしばらくの期間は、記事を書いても書いても収入ゼロという日々が続きます。ですから、ネットに書かれている「アフィリエイトはだれでも稼げる」という甘い言葉に騙されちゃったのかなと思うこともあります。

しかしながら、この記事を書いている現在、私はアフィリエイトの魅力に夢中です(笑)。その理由についてお話したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

アフィリエイトは公平に勝負できるネットビジネス

アフィリエイト,理由

アフィリエイトはインターネットを利用して行う広告代理業と言ってよいでしょう。しかし、ネット上の世界は現実社会と違って、ほぼ完全な実力社会です。能力のあるアフィリエイターは、その性別や年齢、学歴、人種に関係なく、ネット上で大きな収益を上げることができます。

現実の社会では、特に日本の場合、まだまだ男性と女性の社会的立場は公平ではありません。また、学歴がモノを言う業界も多いです。

一方、ネットの世界では、たとえ学歴が低くてもどんな宗教を信じていても、男も女も同じ競争世界にあります。ドメインの所有時間の長さという点では、経験者の方が有利かもしれません。しかし、それも今後検索エンジンが進化すればするほど、内容の品質がさらに重視されていくことになるでしょう。

つまり、ユーザーのニーズ(キーワード)を上手に選び出し、適切で質の高いコンテンツを持つサイトやブログを作ることができれば、まさにだれでも大金をつかむチャンスがあるんです。

アフィリエイト収入に上限はない

もう一つ、アフィリエイトで得られる収入には、上限がないといってよいと思います。

会社に勤めている人なら、実質的には会社のオーナー(社長や取締役)よりも高額な給料を得ることは、不可能でしょう。もちろん、業績や経験に応じて、年々着々と昇給があるかもしれません。しかし、社員が会社の持ち主以上に収入を得ることは、副業でもしない限り不可能です。

会社のオーナーや事業主であれば、収入に上限がないかというとそうでもありません。最近は小売業などでもネット販売に力を入れている会社もあります。しかし、リアル社会だけに固執している会社も多いですよね、リアル社会だけで商売しようとすると、どうしても「販売地域」という地理的制約を受けてしまいます。

その点、アフィリエイトはネット世界での商売です。地理的制約や国境すら超えて、やり方によっては言語の違いを超えて、潜在的顧客の幅を広げることができます。

アイデア次第でいくらでも可能性が広がるというわけです。まさに、だれもが挑戦できてやり方次第で上限のない収入を得ることも不可能ではないネットビジネスなんです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
無料でアフィリエイトを学ぶ
アフィリエイトフレンズ
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. ゆーろ より:

    こんにちは!
    ゆーろと申します
    アフィリエイトは努力次第でどうにでもできる我慢強い人、頑張った人がきちんと評価されるようにできていますよね
    今までの自分を捨て去ってゼロから構築していく感じが僕は好きです(笑)
    お互い頑張りましょう

    • ど素人主婦アフィリエイター より:

      ゆーろ様

      はじめまして。

      コメントありがとうございます!

      私もすっかりアフィリエイトの魅力に取りつかれております^^
      おっしゃる通りだと思います。

      地道にコツコツ努力するのも、ゲリラ的戦略を取る方法も、いろいろなやり方を試すことができるのでわくわくしますね。
      お互い、我が道を極めましょう^^!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA