スポンサーリンク

有料ツールを使わなくても今注目のキーワードが見える方法

アフィリエイトに便利なツールはたくさんありますが、私はどうもそういったツールが苦手です。やはり、年のせいでしょうか、ツールを購入しても使いこなせないんですよね(笑)。

というわけで、キーワード探しなんかも、ツールに頼らない方法を常に模索しています。今回は、なかなか自分では気づけない、今流行のキーワード探しの方法について。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




アフィリエイトにキーワードが大切な理由

有料ツールを使わなくても今注目のキーワードが見える方法

まあ、今さら感もありますが、一応アフィリエイトを行う際にキーワード選定が重要な理由をサクッとおさらいしておきます。

アフィリエイト用の記事を書くためには、キーワード選定は避けては通れないポイントだと言ってもいいでしょう。もちろん、キーワード選定なんて無視して我が道をゆくという方法もありますが、キーワードを狙いながら記事を書くほうが、はるかに効率的に稼ぐことができます。

それは、検索エンジンから自分のアフィリエイトサイトやブログへの流入を狙うときに、ユーザーが検索するであろうキーワードを意識して記事を書くほうが有利になるからです。

検索されるキーワードにはトレンドがある

有料ツールを使わなくても今注目のキーワードが見える方法

検索エンジンからのアクセス増加を狙うなら、検索数が多いキーワードを記事内に含めることが効果的です。とはいっても、自分の興味があることや強い分野での話は別として、他人がどんなキーワードで検索しているのかなんて、なかなか分かりにくいものです。

でも、アフィリエイトで稼ぐには、多くの人が検索するであろうキーワードを知っていることは、とても重要なことです。

キーワードには、流行というものがあります。その時代や季節によって、検索ボリュームが増減するキーワードというのは多く、それを狙って記事を書いたりサイトを立ち上げると、かなり効果的に成果へとつなげることができるでしょう。

一方で、あまり流行に左右されないキーワードもあり、これら2つのタイプのキーワードをうまく組み合わせてサイト作成を行うことが、安定して長期的に稼ぎ続けるコツの一つです。

ツールを購入しないでできるキーワード探しの方法

初めてアフィリエイトを始める人に無料ブログをおススメする理由

アフィリエイトで稼ぐためには、キーワード選定がどれだけ重要かということは、世にたくさんのキーワード探しのためのツールがあふれていることからもわかります。それだけ需要があるということです。

しかし、ツールにお金をかけなくてもキーワードを探すことは不可能ではありません。ただし、自分なりの工夫や時間をかけることは必要となってきます。お金をかけてもいいからできるだけ短時間で効率よくキーワードを選びたいという人は、ツール使用をおすすめします。

コストをかけずにできるキーワード探しの方法は、次のようなことが挙げられると思います。

1.Googleキーワードツール(無料)を使う

goodkeywordという無料で使えるキーワードツールがあります。まずは、これを利用してみるとよいでしょう。気になるキーワードを一つ入力すると、それに関連した複合キーワードが出てきます。

また、時期や季節によるキーワード検索のボリュームもグラフになって表示されます。

2.Googleキーワードサジェストを使う

これは、Googleなどの検索エンジンの検索窓にキーワードを打ち込んでみるという方法。一つキーワードを入力してスペースを押すと、2つ目のキーワード候補が出てきます。これは、この組み合わせて検索する人が多いということなので、その複合キーワードでの流入を狙って記事を書くことができます。

3.ライバルアフィリエイター注目のキーワードを盗む

「ランサーズ」などで記事を外注している人は多いと思います。

例えば、ランサーズで、仕事を依頼するだけでなく、「仕事を探す」機能を使ってみましょう。ライターとして仕事を検索してみると、タスク作業などで、記事依頼をしているアイふぃりエイターはたくさんいます。

それを眺めていれば、ライバルアフィリエイターがどんなキーワードで記事依頼をしているのかが分かります。

4.世の中の動きにアンテナを張っておく

アフィリエイトをやっていると、どうしてもネットの世界中心に情報収集してしまいがちになります。しかし、ネット以外のメディア、テレビや新聞などにもアンテナを張っておくことは大切です。

テレビや新聞、雑誌などで話題になることは、だいたいネットでも検索ボリュームが増加するからです。

5.ASP担当者や広告主に聞く

気になる商品や、これから取り組む商品ジャンルを探しているときには、ASP担当者やASPを介して広告主に成約に結びつきやすいキーワードを直接聞いてみるという方法もあります。

ASPも広告主も、アフィリエイトで成果を上げてほしいわけですから、聞いてみれば成果の上がりやすいキーワードを教えてくれるはずです。

逆に、問い合わせても回答がない広告主やキーワードに興味がない広告主は、アフィリエイトからの集客にあまり力を注いでいないということですので、アイテムをサイトで扱うのは控えた方がいいかもしれませんね。商品紹介記事を書いたとたん、プログラムが終了するということもあり得ます。

やっぱり手間だなと思う人はツール購入を

以上、ツールにお金をかけなくてもできるキーワード探しの方法とアイデアでした。ここまで読んで、やっぱり面倒だなあと思った人は、サクッとツールを買ってしまった方がいいかもしれませんね。