お名前.comでドメインを取る時に気を付けておきたいこと

サイトやブログを有料レンタルサーバーで運営する時には、サーバー以外にドメインと言うものが必要です。ドメインとは、サイトやブログのアドレスになるもので、よく〇〇.comとか、〇〇.netとありますね。それがドメインです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ドメインにもいろいろな種類がある

4478921983_c724dd8d27_o
photo credit: World Wide Water via photopin (license)

最近ではドメインにもバリエーションが増えたようで、〇〇.com、〇〇.net以外にも、.xyz、.link、.tokyoなど、たくさんあるようです。そのなかでも〇〇.com、〇〇.netは一番なじみ深く、ドメイン取得料金も高めになっています。

ドメインはそのサイトやブログのアドレスになるわけですから、この世に2つと同じドメインは存在しません。そのため、人気のドメインと言うのは取り合いになります。というよりも早い者勝ちです。

しかもドメイン名、つまり.comや.netの前に来る「〇〇」の部分は、サイトやブログの内容を連想させるものの方がSEO的に強いといいます。

またドメイン名はあまりに長いと覚えにくいですよね。ですから、人気のドメイン名はすぐ取られてしまうので、自分の好きなドメインを取れないということも、しょっちゅうあります。

ドメインの種類でSEO的に違いがあるのか

6848657299_7252bcd6be_o
photo credit: seoninja via photopin (license)

ここが一番気になる点なのですが、なんとなく.comや.netの方がポピュラーな気がして、SEO的に有利なのかなと思ってしまいます。お名前.comでも、この2つのドメインは比較的高く(もっと高いもの、.jpなどもあります)、.xyzや.clickは、キャンペーン中の安い時であれば、30円~99円で買えます。

金額が安いということは人気がないということで、SEO的に弱いのかなと思ったのですが、そうでもないようです。ただし、人気のドメイン.comや.netに比べると、Googleにインデックスされるのが遅いような気がします。

ちなみに、お名前.comでは「.xyzはSEO対策に強い」とうたっていますが、それも確実性はありません。

ただ、SEO的な理由以外にも、.comや.netなどの方が好まれる理由はあるようです。

ドメインから感じる信頼性

1201471510_cfd449d1f8_b
photo credit: CIMG1199 via photopin (license)

というのは、例えばビジネスで会社のホームページを作成したりするとき。料金が高い.co.jpは日本にある会社しか取得できないうえ、1企業につき1つまでしか取れないものです。そのため、企業の信頼性と言う面ではこのドメインの方が信用度が高いということが言えます。

そうでなくても、ドメインの中には.pink、.club、.scienceなど、それ自体何かをイメージさせるドメインもあります。.xyzは比較的ニュートラルで、それ自体に意味を持たず、覚えやすいという点で使いやすいかもしれません。

しかし、会社のホームページアドレスでは、やはり.comや.netの方が覚えやすく、.xyzは「?」という感じがします。でも、私のように個人でアフィリエイター目的のサイト運営にはあまり関係ないのかもしれません。

お名前.comでドメインを取るときに気を付けたいこと

2786697757_8350d96059_b
photo credit: Boob libraries via photopin (license)

ドメインが取れる会社はいくつかありますが、私が使っているのは、お名前.comです。お名前.comは、やはりドメインの価格が安いのが魅力的です。特にキャンペーン中にドメインを登録したり、複数のドメインを一度にまとめて登録したりすると、さらに安くなります。しかし、お名前.comでドメインを 取る際に気を付けたいことがあります。

新規購入金額の他に更新時の料金も比較すること

2085853113_cd7ddedded_b
photo credit: Device close-up group shot with software showing via photopin (license)

お名前.comでは、安いドメインだと30円から登録することもできます。しかし、安いドメインの中には更新時の料金が高いものもあるので、新規購入金額だけではなく、更新時の金額もチェックしてからドメインを選ぶようにしましょう。

たとえば、お名前.comが扱っているドメインの中で、.xyz(280円)、.click(99円)、.link(180円)などは比較的安いドメインです。一方、.comや.netは680円と比較的高めの設定になっています。

しかし、2年目の更新時は、.xyz(1,480円)、.click(920円)、.link(1,480円)で、.comや.netはそれぞれ1280円です。たとえば、これらをそれぞれ5年間保有するとすると、、.xyz(6,200円)、.click(3,779円)、.link(6,100円)で、.comや.netは5,800円となり、逆に安くなります。

わずかな差かもしれませんが、長く保有すればするほど、その差は開いていきますので、安いからと言ってつい買ってしまうというのはどうかなと思います。長い目で見て金額が変わらないのであれば、.comや.netの方がお得な気もしますね。ただ、気に入ったドメインが取れない可能性が大きいですが。

Whois情報公開代行を同時に申し込むこと

16932091418_46b525bfd5_o
photo credit: whois-domain via photopin (license)

お名前.comではドメインの登録時に同時に「Whois情報公開代行」を申し込むと、「Whois情報公開代行」が無料で申し込めます。これは、最初のドメイン確認申込み確認画面で「Whois情報公開代行申込み」というチェックボックスにチェックを入れなくてはなりません。

この1秒もかからない動作を行うか、うっかり忘れてしまうかによって、その後毎年の更新料金が違ってきます。

「Whois情報」というのは、ドメイン取得の際に登録した個人情報のことです。自分の名前、住所、電話番号、メールアドレスなどです。

この「Whois情報公開代行」を行えば、ドメインを取得した会社がそれを代行してくれます。つまり、お名前.comで申し込めば、自分の個人情報の代わりにお名前.comの会社情報が公開されるわけです。

ドメイン購入時に、「Whois情報公開代行」サービスに申し込むのを忘れると、後で管理画面から申し込むことになります。そうすると、1ドメインにつき、1,058円かかります。しかも、それが毎年かかるというのです。つまり10年更新し続けると1万円近くかかるという計算になります。

繰り返しますが、ドメイン購入時に同時に申し込めば、これは無料になります。更新時も無料です。

ちなみに、私が初めてお名前.comでドメインを取得した際には、無知であったために「Whois情報公開代行」が何なのか分からず、申込みできませんでした。そのドメインは捨てるつもりでいるので、大きな損にはなりません。しかし、初心者の多くが私と同じミスをしていると思います。

まとめると

以上の2点がお名前.comでドメインを取るときに気を付けたいことでした。また、お名前.comでは、日本語ドメインも取れます。日本語ドメインが取れるという点もお名前.comの人気の理由のひとつのようです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
無料でアフィリエイトを学ぶ
アフィリエイトフレンズ
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA