アフィリエイトで稼げない人が稼げるスキルを身に付ける方法

アフィリエイトを、始めても稼げないという人がいます。アフィリエイトで稼げないのには、いくつかの理由が考えられます。でも手っ取り早く、アフィリエイトで稼ぐノウハウを身に付けたいと思うなら、クラウドソーシングでライターの仕事をしてみるという方法があります。なぜなら、多くのアフィリエイターがライターに記事を外注しているからです。そこでは、お金をもらいながら、記事の書き方や画像選定など、アフィリエイトで稼ぐためのスキルを学ぶことができます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

クラウドソーシングでライターとして働く

home-office-336378_1280
アフィリエイトを始める前、私はライターとして、クラウドソーシングの会社に登録し、記事を書いていました。

クラウドソーシングというのは、仕事を依頼したい人と、仕事を請け負いたい人がネット上でつながって仕事の依頼・発注を行うというものです。在宅ワークとか、在宅アルバイトなどのキーワードで検索すると、いくつかの会社がヒットします。

私は仕事を請け負う方として登録していましたが、仕事を依頼することもできます。登録するのは無料です。

最初は、ネットに関する知識もまったくなく、単に主婦として空いている時間を有効活用したいと思い、登録したのがはじまりでした。

クラウドソーシングでは、いろいろな仕事があり、その中で、専門的な知識のない主婦の私でも簡単にできる仕事が「ライター」だったのです。

未経験者はとにかく安い

money-605077_1280
最初は、未経験者として、依頼があれば何でも請け負っていたので、1記事あたりの単価はひどい時は200円でした(笑)。

ライターの仕事として多いのは、サイトやブログのコンテンツとしての記事を書く仕事です。つまり、私が今こうやって書いているブログなどの記事の代筆ですね。

大体、1記事1000文字以上で300円~500円というのが一番多かったと思います。

当時は、ネットビジネスやアフィリエイトに関して全く興味も知識もなく、どうして私の書いた記事を(たとえ200円でも)買ってくれる人がいるのか、とても不思議に思ったものです。

1000文字の記事を書くには、平均して1時間かかりました。慣れてくると、内容によっては30分で書けるようになりましたが、中には画像を付けて納品する仕事もあり、画像選定にまた時間がかかります。

そうすると、最初のころは平均して時給で200円とか300円とか、それ以下の時もあります。300円の記事に3時間かけたこともありました。でも、最終的には1記事1500円のものを45分程度で書けるようにまでなりました。

ライターとして学んだこと

chalkboard-620316_1280
しかし、それが大きな経験となったことは間違いありません。

ライターとしての仕事をしていなかったら、アフィリエイトに出会ってませんでしたから。

また、ライターの仕事をしながら、いろんなことを勉強させていただきました。記事の書き方、タイトルのつけ方、見出しのつけ方、画像の選び方、著作権について、SEO対策、ワードプレスの使い方、ワードプレスで画像を挿入する方法などなど。

ライターの仕事と言っても、分野は様々です。日常的な日記から、健康や美容に関するもの、旅行やファッション関係、金融や投資関係、就職・転職など、幅広いジャンルに及びます。そうやっていろんなジャンルの仕事をしながら、自分でネットで調べてまとめるスキルも自然と身についたように思います。しかも、報酬としてお金をもらいながらです。

稼げる記事の書き方を学ぶにはおすすめ

blogging-15968_1280
アフィリエイトを実際始めたけど、なかなか稼げないという人や、どんなブログやサイトを作ればいいのか分からないという人には、ライターとして登録してみるのは、良い方法だと思います。

多くのアフィリエイターの皆さんが、そういったクラウドソーシングの会社を使って、記事の依頼をしています。

彼らが注目しているキーワードや、彼らが記事を書くときのノウハウやコツなどを、ちらっとかいま見ることができるでしょう。

ライターとして登録できるサイト

もちろん、仕事の依頼もできますよ。


ランサーズ


日本最大級のクラウドソーシング【クラウドワークス】

ブログルポ

shinobiライティング

スポンサーリンク
スポンサードリンク
無料でアフィリエイトを学ぶ
アフィリエイトフレンズ
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA