アフィリエイト用のブログやサイトに画像は多いほうが良いのか?

アフィリエイトにしろ、そうでないにしろ、サイトやブログの作り方は人それぞれです。
同じジャンルに関するサイトでも、色の調子や画像や動画のボリュームは、みんな全く異なりますよね。

読む気が起こらない記事

5584753106_db56d98926_b
photo credit: Readability on the iPad via photopin (license)

何かを検索して、ブログなりサイトに行きあたった時、その記事を読むか読まないか、それとも途中まで読んでやめてしまうか。これには、記事の内容の他に、画像を含めた、そのページ全体から感じる雰囲気に対する好みという要因も大きいと思います。

パッと検索されたページを見て、読もうと思えないページとはどんなものでしょうか。

・文字が読みづらいもの
・文章が読みづらいもの
・広告ばかりで本文のボリュームがないもの

文字や文章が読みやすさと左右するものは、背景色とテキスト色のバランス、文字の大きさ、文字のフォントや漢字とひらがな・カタカナのバランスなどが考えられます。

広告ばかりで本文が弱い文章というのも、読む気がなくなりますね。

読みたくなる記事

5322110863_eebcc46d1a_b
photo credit: Free online tutoring at www.tutor.com/army via photopin (license)

途中で読みたくなくなる文章というと、

・タイトルと内容がずれている
・文章に不快感を覚える
・日本語としておかしい

というようなことがあるでしょう。

それに加えて、画像と文章とのバランスが、自分の好みに合っているかどうかも重要なポイントです。

文章と画像とのバランスに関して、人が心地よいと思ったり、読みやすいと思ったりする境には個人差があります。

一般的に、女性の方が画像が多いものを好むようです。

画像は多ければ良いというものでもない

4285831796_a116102f17_b
photo credit: P645, posing via photopin (license)

先日も女友達と話していて、ブログの話になり、
「あんまり絵が少ないものは読む気がしなくなるよね」という話に落ち着きました。

男性には情報をしっかり読みたいという気持ちが強い人が多いのかもしれません。男性の意見としては、「画像ばかりの記事よりも、読み物としてしっかりしている記事の方が、リピーター読者を獲得しやすい」という意見もあります。

このブログ、「知識ゼロから始める主婦アフィリエイト日記」は、意識してできるだけ画像を使わないようにしています。
今のところ、私は複数のブログを持っていますが、他のブログはどちらも、画像を多用しています。軽く読んでもらいたい記事なので、その方が読みやすいと思うからです。

また、女性の美容関係のブログは特に、細かな間隔で画像を差し込むようにしています。

これはスマホユーザーを意識してのことです。

スマホで読むときは、文字ばかりだとしんどい

6844141942_80b79bffcf_b
photo credit: My wife’s iPhone4S. via photopin (license)

私がブログを作ったA8ネットのファンブログというブログは、スマホにも対応してます。特に美容系のブログなどは、スマホで読む女性読者の方が多いのではないかと勝手に予測しています。

まだ、ブログとして内容が充実していないので、アクセス解析で統計を取れるほどでもありません。これから、読者が増えていけば、スマホとPC、どちらの対応を優先すべきかが、はっきするでしょう。

スマホで、文章を読む場合、移動中に読んでいることも多く、こまめに画像が入っている方が、読んでいて疲れないと思われます。また、文をできるだけ短くするようにも気を付けています。

画像をどれくらいの頻度で挿入するかというと、基本的に、スマホの画面がぜーんぶ文字で埋まってしまうような記事の書き方は、しないように心がけています。

まとめると・・・

15604579985_5caeff6301_b
photo credit: 141015 via photopin (license)

タイトルの、「アフィリエイト用のブログやサイトに画像は多いほうが良いのか」という疑問に関しては、大雑把に言って、「画像が多いほうが多くの人に最後まで読んでもらいやすい」と思っています。しかし、それは、記事のジャンルや書き方で大きく異なります。

最終的にはその記事の内容次第です。それでも、ページを見た時に文字びっしり、画像なし、というサイトは、「わー、読むの面倒くさそー」と思ってしまう読者もいるということです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
無料でアフィリエイトを学ぶ
アフィリエイトフレンズ
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA