クラウドワークスで外注ライターさんに良い記事を書いてもらう方法

アフィリエイトで少し稼げるようになったら、収益の一部で外注のライターさんに記事を書いてもらうことを考えてもよいと思います。本格的にアフィリエイトをやっていくのであれば、記事作成を外注することのメリットはとても大きいです。

外注ライターさんを見つけるのは、クラウドソーシング等のサイトで探すことができます。しかし、中には、これらのサイトで見つけた外注さんに依頼して、がっかりしたことがある人もいるのではないでしょうか。

ここでは、私が最もよく頻繁に使っているクラウドワークスさんを例にとって、記事作成を外注し、質の高い記事を購入する方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

記事作成を外注することのメリット

クラウドワークスで外注ライターさんに良い記事を書いてもらう方法

私は、アフィリエイトで収益があがるようになってすぐ、ライターさんに記事作成を外注することを始めました。

記事作成は、自分でやればコストはかかりません。しかし、サイトを大量生産したい場合や、ブログやサイトをパワーサイトに育てたいときには、自分一人でできる作業量は限られてしまいます。

ライターさんに記事を依頼すれば、その分自分の作業時間を他の仕事に当てることができます。たとえ、質の悪い記事が仕上がってきたとしても、(コピペなど全く使えないケースを除いて)サテライトサイトに使うとか、何かしらの使い道はあります。

記事を外注するのにはクラウドワークスがおすすめ

クラウドワークスで外注ライターさんに良い記事を書いてもらう方法

別にクラウドワークスでなくてもいいのですが、私が複数のクラウドソーシングサイトを使ってみて、実際に使いやすかったのが、クラウドワークスです。

クラウドワークスは、登録しているライターさんの数が多いので、募集要項を投稿すると、たいていは何か反応があります(記事単価が低すぎてないこともありますが・・・)。

また、私の場合、コストを低く抑えたいので、基本的には未経験のライターさんを狙って求人をかけます。クラウドワークスさんは、未経験や経験の浅いライターさんも多いので、安い記事単価でも応募してきてくれる人が多いと感じています。

クラウドワークスの使い方

クラウドワークスで外注ライターさんに良い記事を書いてもらう方法

ご存じない方のために少し説明しておきます。

クラウドワークスは、クラウドソーシングの会社です。クラウドソーシングの会社は、仕事をしたい人と、仕事を依頼したい人をオンラインでつなげるサービスを提供しています。

クラウドワークスに登録しているのは、ライターだけではありません。データ入力といった簡単な作業をしてくれる人から、ウェブデザイナーやプログラマーまで、いろいろな人が登録しています。

クラウドワークスで仕事を依頼するには、登録しなくてはいけません。しかし、登録は無料ですので、興味がある人は登録だけしておけばよいでしょう。

実際に外注さんを募集して、契約を結び、仕事が完了した時点で、その外注さんに報酬が支払われます。その際に、報酬の中から一部がクラウドワークスさんに手数料として支払われます。

クラウドワークスさんでの、仕事の契約方法にはいくつかのスタイルがあるので、すべてがこの通りに進むわけではありませんが、だいたいこんな感じです。

ホームページ制作から記事作成まで!色々な仕事が発注できるクラウドソーシングの【クラウドワークス】

安いコストで良い記事を書いてもらうコツ

クラウドワークスで外注ライターさんに良い記事を書いてもらう方法

こういった外注さんを使った記事作成代行は、トラブルの危険がないわけではありません。よくあるのは、納品された記事がほとんど他サイトのコピーだった、記事のクオリティが低すぎるなどの問題でしょう。

他サイトのコピペは、コピペチェックツールを使えば少しは防ぐことができます。コピペチェックツールは、無料のものもありますので、検索してみてください。

記事のクオリティを下げないためには、うまくライターさんを選ぶことと、ライターさんのモチベーションを下げないようにすることが大切です。

良いライターさんを選ぶコツ

クラウドワークスで外注ライターさんに良い記事を書いてもらう方法

では、良いライターさんを選ぶコツは何でしょうか?

結論から言えば、やはりできてきた記事の品質とコミュニケーション力です。特に、私が重視するのは、記事の品質です。これは、アフィリエーターさんによって、品質重視の人と、スピード重視の人と、ライターさんの人柄やコミュニケーション力重視の人がいると思います。

私の場合は、品質重視ですが、そのハードルはあまり高くありません(笑)。

基本的に、日本語として「読める」記事であれば、何らかの使い道があると思っています。そのため、多少品質が悪くても、採用することがあります。最初から未経験者を対象に応募を募るので、文章に拙さがあるのは、よくあることです。

私の場合、記事単価をおさえたいので、ライター経験のない人やライターになったばかりの人を採用することが多いです。

経験豊富でない人の中にも、優秀なライターさんはいますし、経験豊富なライターさんでも自分と合わない人もいます。

でも、少しでもよいライターさんを選ぶコツとしては、最初の応募のメールの内容で少し判断できます。

応募メールがきちんと書ける人と書けない人

クラウドワークスで外注ライターさんに良い記事を書いてもらう方法

結局、こちらが求めているのは、文章がきちんと書ける人なので、最初の応募メールを見ればある程度の文章作成スキルはわかります。

応募メールで、社会人らしいあいさつや自己PRができない人は、採用してもやはりきちんと文章が書けない人のことが多いですね。

また、最初のメールのやりとりで、質問にちゃんと答えていなかったり、行き違いなどが多い場合は、文章の読解力や注意力が足らないということなので、出来上がった文章も不完全燃焼のような記事になっていることが多いです。

採用したライターを育てる

クラウドワークスで外注ライターさんに良い記事を書いてもらう方法

未経験のライターさんを採用するので、最初は記事の品質に満足できないこともあります。しかし、私はほとんどダメ出しをしません。

経験がない人ほど、自分が書いた記事に自信がないもので、少しでもネガティブなフィードバックを受け取ると、落ち込んでしまう人もいるようです。

ですから、ライターさんのモチベーションを下げないためにも、私はできるだけ良いところを見つけて、ほめるようにしています。注意してほしい箇所や改善してほしいことは、そのあとでちょこっとだけ触れるようにしています。

こうすることで、ライターさんも喜んで仕事をしてくれます。また、記事単価が安いからこそ、修正依頼はほとんどしません。

というよりも、修正をメールでお願いするよりも、自分で修正したほうが早いからです。

このように、安い報酬で記事作成を外注するには、やはり、相手に気持ちよく仕事をしてもらうようにすることが大切だと考えます。

中には、未経験でも、素晴らしいセンスを持ったライターさんもいます。のような人に出会った時にはとてもラッキーだと思って、関係を長続きさせるようにしています。

外注のライターさんを使う方法は、人それぞれだと思います。でも、楽しみながら書いてもらった記事は、読むとそう感じるもので、報酬が安くても楽しく執筆してくれるライターさんに、いつも感謝しています。

ホームページ制作から記事作成まで!色々な仕事が発注できるクラウドソーシングの【クラウドワークス】

スポンサーリンク
スポンサードリンク
無料でアフィリエイトを学ぶ
アフィリエイトフレンズ
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA