アメブロにリブログ機能が追加ーますますSNS化するアメブロ

最近触っていなかったアメブロを、久しぶりに更新しようとしたら、「リブログ」機能が追加されていました。リブログ機能というと、もともとタンブラー(Tumblr)の機能ですよね。

アメブロは、これまでもぺた機能や、いいねなど、さまざまな機能を設けて、他の無料ブログサービスから見て特徴的な存在でした。今回、新たに追加されたアメブロのリブログ機能について、思ったことを書いてみます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

リブログとはどんな機能?

アメブロにリブログ機能が追加ーSNS化

そもそもリブログとは、無料ブログサービスでありSNSの一種でもあるタンブラー(Tumblr)の機能です。

Tumblr(タンブラー)を使うときに参考になるサイトのまとめ
最近、無料ブログにちょっとはまっています。無料ブログサービスというと、アメブロなどがよく知られていますが、私がはまっているのは無料でも完全に...

タンブラー(Tumblr)の最大の特徴が、リブログという機能であり、それをアメブロがパクった(笑)という感じになるのでしょうか。

タンブラー(Tumblr)自体、日本ではまだもうひとつなじみがないので、リブログと言われてもピンとこない人が多いと思います。

リブログというのは、同じブログサービスを使用しているブログの記事を、自分のブログに簡単に引用するための機能です。「リブログする」と、ブログの記事が自分のブログページに転載されます。ボタン一つでこの作業ができるので、とてもカンタンです。

アメブロにリブログ機能が追加されるということは?

アメブロにリブログ機能が追加ーSNS化

簡単に言ってしまうと、リブログ機能というのは、引用を容易にさせるための機能です。

リブログする方にとっては、ネタがあまりないときでも、リブログを使うことで、とりあえず自分のブログに「投稿」という作業が可能になります。つまり、あまり投稿をしていないユーザーに、投稿の機会を増やす効果が期待できます。

一方、リブログされる方にしてみれば、自分の書いたブログ記事が他のブロガーに引用され、拡散されていくわけですから、より多くの人に読んでもらうチャンスが増えることになるでしょう。

いずれの側にしてもメリットは大きく、アメブロというブログサービスが活性化されることは間違いないように思います。ただし、ユーザーがこの機能を使いこなせればという前提ですが。

アメブロでアフィリエイトしている人にとってのリブログ機能

アメブロでアフィリエイトしている人にとってのリブログ機能

では、私のように、アフィリエイトとしてアメブロを利用している人にとってはどうなのでしょうか。

アフィリエイトサイトとしてアメブロを利用している場合、ブログ記事が誰かにリブログされて拡散すれば、より多くのブログ訪問者を得る効果があるかもしれません。

アメブロで複数のアカウントを所有している場合、自分のブログを別アカウントのブログでリブログすることも可能です。

ただし、いいね機能と異なり、純粋に「リブログされる」のは、少しハードルが高いような気がします。

アメブロの「いいね」機能は、リブログよりも気軽にでき、自分がそのブログを訪れたことの記録として、「足跡」的な使い方もできます(もちろん、中にはツールを使って、「自動いいね」をしてまわるアフィリユーザーもいるので、すべても「いいね」が「純粋ないいね」とは限りません)。

実際、タンブラー(Tumblr)を使っていても、リブログされるのは、ごくまれです。それは、私のブログ記事があまり価値がないからだけなのかもしれませんが(笑)、「いいね」機能が手軽なのに比較して、「リブログ」されるのはなかなか難しいということですね。

アフィリエイトをやっている人にとっては、リブログにしてもいいね機能にしても、アメブロをSNS感覚で利用するというのもアリかと思います。アメブロの記事に自分の他ブログサービスで作ったブログのリンクを貼っておけば、そこからかなりの集客が見込めます。

ワードプレスなどで作ったブログで、まだ新しくアクセスが集まりにくい場合は、特に有効かもしれません。

アメブロでは「リブログ」機能使用を推奨

アメブロでアフィリエイトしている人にとってのリブログ機能

実際にリブログ機能が追加されたのは、この6月(らしい)ですが、アメブロの方でも、リブログを使うユーザーが意外と少ないということに気づいたのかもしれません。

アメブロでは、現在、ユーザーにリブログ機能を使うようにすすめています。リブログした後、その記事がリブログされたブロガーに「いいね」されると、マネーポイントをゲットできるというプロモーションを行っているようです。

アメブロのリブログ機能が、浸透するには少し時間がかかるかもしれませんし、リブログ機能自体がユーザーにウケるのか、今後が気になるところですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
無料でアフィリエイトを学ぶ
アフィリエイトフレンズ
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA