ブログアフィリエイトで良質の記事を書き続けるための読書術

ブログアフィリエイトにとって、最大に効果的なSEO対策は、良質のコンテンツを書き続けることです。そのためには、本をよく読むことが大切だということは、以前の記事に書きました。

ブログアフィリエイトで良質の記事を書き続けるためにやるべき7つのこと
ブログでアフィリエイトをやっていると、Googleなどの検索エンジンに強くなるためには、SEO対策が重要だといわれます。SEOは小手先のテク...

今回は、ブログアフィリエイトで良質の記事を書き続けるために身に付けておきたい読書術について、書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

なぜ読書がおすすめなのか

ブログアフィリエイトで良質の記事を書くために本を読む
質の良い記事を書くために、なぜ読書が必要なのかについては、以前さらっと書きました。本を読むことには、主に2つの理由があります。

より信憑性のある、詳しい情報を手に入れるため

本を読むことで信憑性のある情報を手に入れる
ブログ記事を書くときに、ちょっと自信がない箇所があったり、数字やデータを使って詳細を書き足したいとき、簡単なのはネットで検索する方法です。しかし、ネット記事はだれでも書ける手軽さゆえに、情報が錯綜しているものです。中には、信憑性が低いものやまったくデタラメな内容のものもあったりします。

その点、書籍は、少なくとも「誰でも書ける」というほど敷居が高くありません。また、編集者や出版社のフィルターがかかっていることもあり、真実でないことや裏づけがないことが書かれている可能性は、はるかに低くなります。

さらに、ネットの記事と書籍を比較した場合、圧倒的に書籍のほうが情報が濃いです。何かの事柄について、より詳しく知りたいときには書籍で調べる方が、ネットよりも深い知識を得ることができます。

ボキャブラリーを増やすため

本を読んで洗練されたボキャブラリーを増やす
次にネットの記事と書籍の文章を比較した場合、書籍の文章のほうがはるかに洗練されています。これは、紙の本とPCなどのディバイスを介するという点での便宜さからくるものでもあります。ネットの場合、どうしても平易な言葉で書かれた簡潔な文章のほうが好まれる傾向にあるのは確かだと思います。

しかし、ブログアフィリエイトで、オリジナリティのある文章を書きたいと思うなら、書籍レベルのボキャブラリーを身に付けておくことはたいへん有利に働きます。

ネットで検索したものをベースに、自分の文章を書こうとすると、どうしても似たり寄ったりの言い回しになったりしませんか。そんなときは、ちょっと本を読んだりして、自分のボキャブラリーの引き出しを増やしておくのが効果的なんです。

本を読む習慣を身に付けよう

通勤時間に本を読む習慣をつける
良質のコンテンツを書き続けるための読書術として、まずは本を読む習慣を身に付けましょう。毎日もしくは毎週、時間を決めて、読書をするようにします。たとえば、通勤電車の中や、よく寝る前など、「この時間は読書のための時間」と決めて、本を読むようにします。

電車の中では、最近は読書をする人よりも携帯をいじっている人のほうが良く目に付くようになりました。しかし、ブログアフィリエイトを自分の仕事として捉え、読書をそのための下積みとするなら、携帯をいじるよりも読書をしてボキャブラリーを磨くほうがよほど生産性が高いと思います。

読んだ本について語る、書く

読んだ本について、語る、書く
本を読むというのは、孤独な作業です。しかし、読んだ本について語り合える友人がいれば、読みがいがありますし、次の本を読むモチベーションもあがります。

特に最近では、SNSなどを使って共通の趣味を持つ人とつながることが容易にできます。ブログアフィリエイトをやっているなら、読んだ本について書くのも良いと思います。ブログを読んだ人からのコメントもうれしいですよね。

そうやって、読書つながりで人と意見交換しながら、どんどん本を読んでいると、自然と読書が続くものです。

受け身的な情報の取得

受身的な情報の収集
ネット検索で得られる情報というのは、かなり限定された情報になります。これは、検索で入力したキーワードにヒットしたものしか画面に現れないことが理由のひとつです。たとえば、「アフィリエイト」「稼ぐ」というキーワードで検索すると、アフィリエイトで稼ぐ方法を書いた記事がたくさんリストアップされます。

しかし、ネット上には「アフィリエイトで稼げない体験談」や「アフィリエイトで失敗したこと」を書いた記事も、同じくらいたくさんあります。しかし、これらは「アフィリエイト」「稼げない」と検索しないとなかなかヒットしません。

その点、書籍というのはある程度まとまった分量で構成されていますので、自分が検索しないだろうという情報も「受け身的に」入手することが出来ます。

構成や編集の参考になる

雑誌を読んで、編集や構成の参考に
書籍というのは、基本的に最初から最後まで読者が読むすすめやすいように、構成に気を使ってくれているものです。特に雑誌などは、どこから読んでも読めるようになっていて、なおかつ全部読みたくなるようなキャッチコピーや構成の工夫がちりばめられています。

これらの構成やキャッチコピーの工夫は、サイトやブログを作るときにとても参考になるものです。サイトやブログを新しく作るということは、新たに雑誌を作るものだとイメージしてみるのはどうでしょうか。その想定で、カテゴリーやトップページ(目次)を考えてみるのです。

ブログのために本を読もう!

ブログアフィリエイトのために本を読む
私は世の中に、もっと人のためになる、読んでおもしろいブログが増えればいいなと思います。ブログを書くということは、一種のライター(作家)の仕事だと思っています。そのために、人の書いたものをたくさん読むことは、間違いなくスキルアップにつながります。

特に良質なオリジナリティにあふれる文章を書くために、どんどん本を読み、自分の世界を広げていくことをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
無料でアフィリエイトを学ぶ
アフィリエイトフレンズ
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. marumi より:

    こんにちは。
    marumiと申します。
    文章ってその方の教養や質が滲み出るものだなと思います。
    良い記事を書けるように本を読む習慣、身に付けたいと思います。
    読ませて頂きありがとうございました。
    応援していきます。

    • ど素人主婦アフィリエイター より:

      marumi様

      コメントありがとうございます。
      記事に対してご共感いただき、うれしく思います。

      私も、最近読書する時間がなかなか取れず、はがゆい思いをしていました。
      自分でも積極的に時間を作って本を読み続けたいと思っています^^

      応援ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA