2017年のSEOを考えるーこれから私たちはどこへ向かうべきか?

「良質なコンテンツ作りが最良のSEO対策である」・・・、このようなことが、よくSEO対策に関する記事で紹介されています。 しかし今だに、 外部リンクなど の方法もSEOとして、まだまだ有効だと思われます。

SEO対策はホワイトハット、ブラックハットなどありますが、 Googleのロボットが進化するに従い、正しい(といわれる)SEO対策も変化していきます。

今後のSEO対策として、一体何が有効なのか、2017年まであと半年を切った今、もう一度じっくり考えてみようと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

最良のSEO対策とは

2017年のSEOを考えるーこれから私たちはどこへ向かうべきか?

SEO対策というのは、ご存知の通り、検索エンジンの検索結果で自分のサイトやブログを上位表示するためのテクニックです。

現在のSEOは、検索エンジンとして最も使用されているGoogleのアルゴリズムに沿った対策を行うという方法が中心です。

そのためGoogleのサイト評価に関して、学ぶ必要があります。

SEO対策について書かれている記事はたくさんありますが、最新の考え方では、「良質なコンテンツ作りが最良のSEO対策である」というようなことがメインに叫ばれていますね。

ホワイトハットとブラックハット

2017年のSEOを考えるーこれから私たちはどこへ向かうべきか?

SEOのテクニックとして、ホワイトハットとブラックハットというやり方に分けることができます。

ホワイトハットというのは、 正当な方法により検索エンジンでの 上位表示を狙うと言うSEOのテクニックであり、 ユーザーにとって利便性の高いサイト作り、すなわち良いコンテンツ作り中心となります。

一方、ブラックハットというのは、検索エンジンの裏をつくやり方で、検索エンジンが不完全であることのスキをついた方法と言えます。

検索エンジンは、パンダアップデート、ペンギンアップデートさらにはハミングバードなど、その時に応じて進化してきました。 しかし未だに完全とは言えません。

Google検索からの集客だけに頼らない

2017年のSEOを考えるーこれから私たちはどこへ向かうべきか?

現段階でも検索エンジンとして一番強いのはGoogleです。しかし、その状態がいつまで続くかは誰にもわかりません。検索エンジンGoogleだけではありませんから、他の検索エンジンが優勢になってくる可能性もあります。

また、サイトへの集客方法として、検索エンジン以外にも、SNSなどからの流入を狙うという方法もあります。 もちろん、検索エンジンからのユーザーとSNSから集客したユーザーのタイプは異なりますので、その点は理解しておかなくてはいけません。

被リンクはいまだに有効か?

2017年のSEOを考えるーこれから私たちはどこへ向かうべきか?

SEO対策として、自作自演による被リンクは、ブラックハットとして認識され、正統派のSEOコンサルタントからは否定的に扱われます。

しかし、今の段階で、自作自演やサテライトサイトからの被リンクは有効であると考えられます。

これは、実際に自分で気になるキーワードで検索し、上位表示されるサイトを見てみれば分かります。 もちろん、ドメインの保有年数など、他の要因もありますが、必ずしも上位に表示されるサイトがすべて素晴らしいコンテンツを持っているとは限りません。

未だに、Goole検索で上位表示させるには、外部リンク、ドメインの運用歴、キーワードといった、 昔からのSEO対策が有効だと思われます。

2017年もペラサイトでも稼げる?

2017年のSEOを考えるーこれから私たちはどこへ向かうべきか?

ただし、記事数に関しては、1サイト10記事以下のいわゆる「ペラサイト」 では、上位表示しにくくなってきています。

以前は、外部リンクやキーワード対策を行えば、ペラサイトでも上位表示することは難しくありませんでした。しかし現在は、Google検索で上位に上がってくるサイトで、極端にコンテンツが少ないものは減少しつつあるように思います。

今後、メインサイトとしては、少なくとも30記事以上のボリュームのあるサイトでなければ、上位表示は難しいでしょう。

良質なコンテンツとは何か

2017年のSEOを考えるーこれから私たちはどこへ向かうべきか?

結論を言えば、サイト運営で5年間以上の長いスパンで安定して稼ぐには、やはり「良質なコンテンツ作りを中心とするべきだ」としか言いようがありません。

では、「良質なコンテンツ」とは一体どんなものを意味するのでしょうか。

良質なコンテンツとは、ユーザーにとって利便性が高いコンテンツということになります。 これは、記事一つ一つがユーザーにとって価値のあるもの、なおかつサイトとして使いやすいウェブサイトであること、この二つのポイントが両立されてないといけないでしょう。

ユーザーのことを考える

2017年のSEOを考えるーこれから私たちはどこへ向かうべきか?

サイトコンテンツ作りは、ユーザーありきだと考えるべきです。

特に検索エンジンから流入してくるユーザーは、何らかの答えを求めています。何かの問題を抱えていてその解決口や改善のアイデアを探しているというのが、ほとんどのユーザーの状態です。

ですからユーザーにとって役に立つ記事というのは、その答えや情報が書かれていなくてはなりません。何らかのキーワードで検索してきて、その答えが得られなければ、そのサイトへの信頼感がなくなってしまいます。ユーザーは二度と戻ってこないでしょう。

ユーザーが求めているものは、「共感」と「解答」です。この2つを備えたコンテンツが、 最もユーザーに支持されるコンテンツと言って問題ないでしょう。

この二つの要素を兼ね備えたサイトコンテンツというのは、意外と多くありません。「解答」とは、つまり、ユーザーが抱えている悩みや問題に関しての解決方法を提示してあげることに他なりません。これは、比較的簡単で、きちんと調べてわかりやすく書くことで、ユーザーが納得できる答えを提供してあげることができます。

一方、「共感」に関しては、自分がユーザーと同じ悩みを持った経験があるとか、よほど想像力に優れている人でなければ、なかなk「共感を感じる記事」というのは、書けないものです。

今後のサイト作りには、この二つを意識して記事作成にあたってみてはどうでしょうか。

スマホユーザーの利便性は当たり前

2017年のSEOを考えるーこれから私たちはどこへ向かうべきか?

今時のネットユーザーは、スマホユーザーが半分以上を占めるようになってきているといわれます。今後のサイト運営には、スマホユーザーのことを考慮したコンテンツ作りが必須でしょう。

では、スマホユーザーのためのコンテンツとはどういったものか、という疑問がわいてきます。

これを知るためには、自分で作ったサイトやブログを、スマホで確認するクセを付けることが、まずは有効な方法だと思います。

記事は長すぎないか、文字が小さすぎないか、シェアボタンなどが押しにくくないか・・・、などなど。物販アフィリエイトを行うなら、リンク先のLPが、スマホに対応してるか確かめる必要もあります。

経験がある人はわかると思いますが、スマホで広告リンクに飛んだものの、クレジットカードの情報記入などがやりにくくて購入をあきらめた、なんてことありませんか?

これでは、せっかく広告リンクを踏ませても報酬発生になりません。

私たちアフィリエイターは、普段パソコンでサイトやブログ更新を行うことの方が多い(と思う)ので、スマホ画面の利便性については、つい見逃してしまうことがあります。たまに、スマホで自分のサイトを見て、ギョッとすることも少なくありません。

しかし、今後は間違いなく、スマホユーザーがネット世界の大部分を占める住人となります。単にサイトのスマホ対応でなく、スマホで成果を上げる方法について考えることが大切かもしれません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
無料でアフィリエイトを学ぶ
アフィリエイトフレンズ
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA