Googleのアップデートに左右されないサイト(ブログ)作りとは?

最近、Googleが頻繁にアルゴリズムのアップデートを行っているようです。その度に順位が変動するサイトやブログがあるというわけで、場合によっては、自分のブログやサイトに有利に働くこともあれば、最悪の場合圏外に飛ばされてしまうということもあるようですね。

SEO対策としてブラックな手法で行っている人は、Googleのアップデートの度にハラハラしなくてはいけないでしょう。そこで、Googleのアップデートに左右されないサイトやブログ作成が重要になってくると思います。

今回の記事では、Googleのアップデートに左右されないサイト作りとは、どこを目指せばいいのかについて考えてみました。特に初心者でも分かりやすいようにまとめてみます。



スポンサーリンク
スポンサードリンク

Googleはなぜアップデートを繰り返すのか

Google,グーグル,アップデート

サイトやブログアフィリエイトで稼ごうというとき、Googleの存在意味はとても大きいです。

検索エンジンという業界でGoogleを使用する人は大部分ですので、検索エンジンから自分のサイトに集客しようというとき、Googleに「好かれる」サイト作りをすることが、そのまま収益の増大につながるからです。

検索エンジンの検索結果でできるだけ上位に表示されるように狙うことを「SEO対策」といいますが、その方法にはブラックな手法も多く紹介されています。

Googleは特に、ユーザーの利便性が高いサイトやブログを優位に評価するといっていますので、ユーザーの利便性が高いサイト作りを目指すのが正攻法ということになります。

しかし、Googleのサイト評価(アルゴリズム)はまだ不完全で、そのために作為的な小手先のテクニックを用いることにより、検索結果で上位表示させる方法がまかり通っているのが現実です。

Googleもバカではないので、サイト評価の方法をいろいろと進化させるわけですね。そのために、「アルゴリズムのアップデート」といって、新しいサイト評価の基準を導入しています。

理想論をいえば、Googleのサイト評価はどんどん精度を高め、作為的な小手先のテクニックで自分のサイトを優位に表示させることは、今後ますます難しくなるということになります。


Googleという会社の利益追求とは

とはいっても、Googleも利益を追求する1会社に過ぎません。Googleのいう「ユーザーの利便性」を本当につきつめてしまったら、Googleは利益を得ることができなくなってしまうでしょう。

Google検索結果で自分のサイトやブログを上位に表示させたいのであれば、Googleに寄り添って考えることが必要になります。では、Googleはどのようにして利益を生み出しているのか。

Googleも広告収入で収益を得ています。私たちがアフィリエイトとして利用しているアドセンスがその大きなところです。

ものすごくシンプルに説明すると、ユーザーがGoogleを使って検索し、出てきた検索結果でどこかのサイトをクリックし、そのページ(記事)に満足するとともに、そこに表示されたアドセンスをクリックして、リンク先の広告主から広告代をいただくのがGoogleのビジネスです。

ということは、より多くの人が検索エンジンとしてGoogleを使ってくれなくてはいけないし、より多くのブロガーやサイト作成者がGoogleアドセンス広告を貼ってくれなくてはいけないということになります。


「ユーザーの利便性」というのはきれいごとか?

ただ、Googleも公言しているように、あまりに多くの広告を貼っているサイトやブログというのは、ユーザーの利便性を下げることになります。

ユーザーにとっては、広告は多くの場合邪魔なものにすぎません。広告が多すぎるサイトやブログは離脱率が高くなることでも、そのことがよくわかります。

ですから、もしGoogleの検索結果で表示されたサイトのページが、すべて広告だらけだったとしたら、ユーザーは「なんだGoogleって使えない」と思って、Google離れしてしまうかもしれません。そうなると、Googleにとっては困ってしまうんですね。

かといって、広告が全くないサイトページばかりで検索結果が構成されてしまうと、たとえすべての人が検索エンジンとしてGoogleを使ったとしても、Googleは一切利益を生めなくなってしまう、ということになります。


私たちはどこを目指すべきか

以上のことを踏まえて、次のようなサイトでどれがGoogleに一番好かれるか、想像してみましょう。

  • Googleアドセンスと他のASP広告を両方表示しているサイト
  • Googleアドセンス広告だけを表示しているサイト
  • 他のASP広告だけを表示しているサイト
  • 広告を一切表示していないサイト

今までよく使われていた、小手先のテクニックはどんどん通用しなくなってきています。逆に言えば、これから先は、本当にユーザーのことを考え、ユーザーにとって有益な情報を提供できるサイトやブログが、正当に評価される時代になると言えるでしょう。

また、検索結果というのはあくまでも相対的な評価になります。多少雑な作りのサイトでも、他に競合がいない分野では、それなりに高く評価されることになります。つまり、ライバルサイトの研究も重要ということになりますね。

しかし、長期にわたって安定して稼ぎたいなら、多少のGoogleアルゴリズムのアップデートに左右されないような、自信をもって「ユーザーにとって有益だ」と言えるようなサイト作りを目指すのが、最良の方針でしょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA