インスタグラムInstagramとピンタレストPinterestの違いーアフィリエイトに役立つSNS活用術

このブログの中でも、何度かピンタレストのことは紹介しています。ピンタレストは画像でつながるSNSですが、同じように画像中心のSNSにインスタグラムがあります。日本ではどちらかというと、インスタグラムの方が普及しているようですが、アフィリエイトという観点からは、どちらも使いこなしたいSNSツールです。

画像をメインにしたSNS、インスタグラムInstagramとピンタレストPinterestの違いについてまとめてみました。

初心者のアフィリエイトに必要なSNS活用術-何から始めるべきか?
SNSと言ってもたくさんありますよね。フェイスブック、ツイッターをはじめ、おなじみのインスタグラム、Google+や、LINE、最近ではタン...
スポンサーリンク
スポンサードリンク

ユーザーの特徴

instagram1

インスタグラムは20代、30代の比較的若い層に好まれ利用されていますが、一方ピンタレストは30代から50代まで幅広い層に利用されています。2つとも画像メインのSNSで、自分でとった写真をアップしたり、他人の画像をお気に入りとしてマーキングすることができます。

どちらのアプリのユーザーも、おしゃれ系の女性が中心となりますが、年齢層の違いは利用目的によるものです。

インスタグラムといえば、モデルさんなどの芸能人が自分のファッションをあげているのが有名です。一方、ピンタレストにファッション写真をあげている人はあまり多くありません。

使用する目的の違い

インスタグラムは、自分の今の写真をのせて友達や世界中の人たちに見てもらうのが目的です。その他、自分の作った料理やハンドメイド作品などさまざまなものを拡散のためにのせている人も多くいます。

一方、ピンタレストは自分の写真を載せるというよりは、自分の知りたい情報を探すために使っている人が多いです。画像検索エンジンとしても、とてもすぐれているからです。

ピンタレストはカテゴリごと分かれているので、自分の興味のあるものをフォローすれば、自動的にさまざまな情報がタイムラインで見ることができます。そして、自分の興味のある内容についてシェアすることができます。この点が大きな違いと言えます。

目的に応じて使い分けを

pinterest1

自分の今をたくさんの人に見てもらえるインスタグラムと、自分の知りたい情報が集められるピンタレスト。

違いはかなり大きいですね。自分自身や自分の作ったものなどを宣伝する場合は、ユーザー数も多いインスタグラムをおすすめします。逆に、自分の写真を載せるよりは、いろいろな情報を写真を通して知りたい場合はピンタレストがおすすめです。

ブログアフィリエイトで利用するなら、ピンタレストの方が画像検索しやすく、自分のブログに埋め込むのもカンタンです。

ブログに使う画像と著作権~自分で撮影した写真がないときにできる方法
ブログには、適当な画像があると記事が読みやすくなりますし、見た目もよくなります。しかし、ブログに画像を掲載するときには著作権が関連してくるの...

また、ピンタレストは法人としての使い方もでき、サイトと連動させればアクセス解析機能を使うことも可能です。つまり、ピンタレストからの集客を確認することができるんです。

どちらを使うかは好みもあると思いますが、ブログへの集客ツールとして、ぜひとも活用したいSNSです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
無料でアフィリエイトを学ぶ
アフィリエイトフレンズ
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA