MySQLの追加制限超過でワードプレスがインストールできない

先日の不正アクセストラブルで、すべてのドメインの初期化を行うことになりました。そのとき、ちらっとブログにも書きましたが、エックスサーバーからのメッセージで「MySQLが追加制限を超えましたのでこれ以上追加できません」というような主旨のことを言われてワードプレスがインストールできなくなったのです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

MySQLって何?

データベースMySQLって何?
知識ゼロで始めた私にとって、MySQLはまったくチンプンカンプンです。そもそも何と読むのか分からない。

あとで詳しい人に聞いたら「マイエスキューエル」と言うらしいです。

MySQLとは、簡単に言うとデータベースのことで、ワードプレスをインストールする時には、1ワードプレスにつき1MySQLが必要になります。

エックスサーバーのMySQLは制限50個


エックスサーバーのX10契約をしている私が使えるMySQLは50個までです。そんなことを知らなかった私は、エックスサーバーならマルチドメイン無制限でいくらでもサイトが作れると思っていました(恥)。

つまり、エックスサーバーでワードプレスを使ってサイトを作る場合、50個までしかできないということですね。

MySQLの調べ方


私の場合、登録したドメインの中で、ワードプレスをインストールしたものの、ブログをまだ作っていなかったドメインが複数あり、そのMySQLを削除すれば、空きができることになります。

MySQLの削除は、エックスサーバーのサパーパネルからできますが、その前に生かしたいブログが使用中のMySQLの名前を確かめなくてはいけません。ここで間違ったMySQLを削除すれば、必要なブログが消えてしまいます。

MySQLの名前の調べ方は、ファイルマネージャーから調べたいドメインのwp-config.phpファイルを見て確認しました。

このように書かれています。

// ** MySQL 設定 – この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘ここにMySQLのデータベース名が書かれています’);

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘ここにMySQLのユーザー名が書かれています’);

/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘ここにパスワードが書かれています’);

そして、このデータベース名を、サーバーパネルのMySQL設定のリストと見比べながら、いらないMySQLを判断していきます。

ちなみに、最初はこのやり方がわからなくて、誤って自分のブログに必要だったMySQLを削除してしまいました(まあまだ数記事しか書いていないブログだったので、まあいいか、と)。

MySQLのユーザー名も削除しなくては駄目


MySQLのデータベースを削除しても、ユーザー名が残っていると、追加制限にまだ引っかかります。

データベース名と同じようにして、MySQLユーザー名を確認して、必要のないものをデリートしていきます。

そして、やっとのことで、MySQLの空きができ、ワードプレスをインストールすることができました。

みんな最初は初心者、負けるな!

今回のトラブルで、いろんな方が書いているブログを参考にさせていただきました。ネットで調べれば、どんなことに関しても、かなりの情報が検索できるので、私のような初心者でもアフィリエイトを始められたというものです。

一人でトラブルシューティングしていると、くじけそうになることもあります。「やっぱり、初心者の私には無理なのかな」と思ったりすることもあります。

でも、はじめは誰でもみんな初心者です。本気でやる気があれば、どんなことでも、いくつからでもスキルを身につけて、ビジネスをすることは可能だと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
無料でアフィリエイトを学ぶ
アフィリエイトフレンズ
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA