記事ネタがあるのに手が痛くて書けない…、そんなときに便利な音声入力(無料)の方法

アフィリエイターやブロガーは、記事を書いてナンボですよね。たとえ外注さんで記事を書いてもらっても、やはり自分で記事を執筆したいときもあります。

アフィリエイトは無料でもできるし、何も失うものはないと感じるかもしれませんが、長時間パソコンに向かって作業をすることで、目を酷使したり手が痛くなったりすることがあります。

手が痛いときパソコンでタイピングするのもツライ、打っても打ち間違いが多い、でも書きたいネタはあるのに…、そんなジレンマを感じるとき、便利なのが音声入力という方法です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

音声入力とは?

書きたいネタがあるのに手が痛くて書けない…、そんなときに便利な音声入力の方法

音声入力とは文字通り、声を上げて原稿を読むことで、音声を認識して文字化してくれるというものです。音声入力はアプリで無料のものや有料のものが出ています。

無料の音声入力アプリの性能はそれなりですが、まあ使えるものもあります。有料のものもそれほど高くありませんが、購入してみて使い勝手が悪ければもったいないので、私は利用したいことはありません。

ところが、Googleドキュメントを使えば、無料で音声入力を使うことができるんです。

Googleドキュメントで音声入力をする方法

Googleドキュメントは、使っている人は多いと思いますが、オンラインで使えるドキュメントです。文章作成、保存がオンライン上で可能で、他のユーザーとドキュメントを共有し編集しあうことも可能です。

Googleドキュメントで音声入力を使うには、Googleクロームを使用する必要があります。

GoogleクロームでGoogleドキュメントを開き、ツールバーにある「ツール」から「音声入力」をクリックします。そうすると、マイクのアイコンが出てくるので、そのマイクをクリックしてパソコンに話しかければそれが音声入力されます。

Googleドキュメント音声入力の性能

ただ、残念ながら、Googleドキュメントの日本語音声入力の性能は、まだ完全とは言えません。日本語の構造が複雑だということも理由の一つだと思いますが、音声を認識できるスピードは遅く、早口で話したり滑舌が悪いとうまく入力されません。

また、漢字変換も誤りが多いので、1文ずつチェックしながら行う方が効率的です。

まだまだ改善の余地がある音声入力ですが、それでもアイデアがあるのに手が痛くてタイピングができないときや、疲れて打ち間違いが多すぎるときには、利用価値があると思います。

まあ、自宅以外で行うのはちょっと恥ずかしいかもしれませんが・・・。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
無料でアフィリエイトを学ぶ
アフィリエイトフレンズ
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. しょへ より:

    こんにちは~

    はじめまして、しょへといいます(・∀・)

    すごい・・・
    音声で記事を書くなんて考えたことなかったです。
    もし音声が完璧に認識されれば
    手が健常でも時短のために使えそうですね。

    ヤバイです。少しやってみます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA