レビュー記事を書いても売れない…成果・報酬発生につながらない理由

レビュー記事をブログに投稿する方法は、アフィリエイト初心者にも始めやすい手法の一つです。しかし、一生懸命レビューを書いているけど、一度も報酬が発生したことがないというのでは、モチベーションも下がってしまいますよね。

レビュー記事を書いているのに商品が売れない理由は何でしょうか。考えられる原因をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




商品の選び方が間違っている

レビュー記事,売れない,成果,報酬発生

レビュー記事を書いても売れないというとき、その商品自体に魅力があるのかどうか見直してみるべきかもしれません。どんなにいい記事を書いても商品に力がないのでは、モノは売れません。

また、扱っている商品がネット販売だけでなく、店舗でも手に入るようなアイテムである場合、レビュー記事を書いてもそこから成果が発生しにくくなる場合があります。

最近は、大手企業もアフィリエイトに参入してきています。大手企業は知名度があるので、記事に書きやすいですが、デパートやスーパー、コンビニなどで気軽に購入できる商品を扱ってしまうと、ブログのレビュー記事を読んでから近くのコンビニでその商品を購入するというユーザーもいるわけです。

レビュー記事からのコンバージョンを上げるためには、ネット販売に限定された商品か、ネット購入で特典が得られるようなアイテムを選ぶことが大切です。

広告プログラムの選び方が間違っている

商品は良いものであっても、広告プログラムの選び方に問題があるケースです。広告プログラムを選ぶときにはきちんと成果地点を確認してから選ぶようにします。定期購入でないと成果とみなされないプログラムなどの場合、当然成果発生の確率は低くなります。

また、アフィリエイトリンク先の商品紹介ページや購入手続きページに問題がある場合もあります。

例えば、リンク先の商品紹介ページのクオリティが低いものだと、ユーザーをそのページまで導いても購入意欲が起きず、購入しないまま離脱してしまうことがあります。逆に言うと、リンク先のページがうまく作られたものであれば、「こんな商品もありますよ」と紹介してそのリンク先へ促すだけで、商品が売れることもあります。

さらに、商品紹介ページから購入手続きページまでの道のりが長いと、ユーザーは離脱しやすくなります。リンク先のページに商品の魅力が書かれていて、なおかつ商品購入手続きも同一ページである場合などは、ユーザーの誘導がスムーズになりコンバージョン率が高くなります。

レビュー記事の書き方が良くない

自分ではがんばって良いレビュー記事を書いているつもりでも、ユーザーが本当に知りたいことが書かれていないという場合もあります。

購入を検討しているユーザーにとって、購入決定の参考になるような情報を盛り込む必要があります。他の競合ライバルアフィリエイターが、どのようなレビュー記事を作成しているかを参考にするのもよいでしょう。

レビュー記事はできるだけ詳細にわたって記述し、オリジナル画像を盛り込むのが基本です。記事作成には、きちんと時間をかけていねいなレビュー記事を仕上げましょう。

サイトドメインの力不足

どんなにいいレビュー記事を投稿しても、サイトドメインの力が小さいと、なかなか検索エンジンに評価されにくいものです。特にサイト(ブログ)を作ったばかりのころは、検索エンジンからの流入が増える前に少し時間がかかります。SNSなどで拡散したり、Googleサーチコンソールに登録するなどの対策を行いながら、長い目でサイトを育てていくことも必要です。

良いレビュー記事をコツコツと書いていけば、いつの日か検索エンジンに高く評価される日が来るはずです。あきらめずに続けることが大切ですね。

アフィリエイトの作業の中でも私が苦手とするのが、自分のブログにあった広告を探すことです。広告プログラム検索って意外と時間がかかるんですよね。...
新人アフィリエイターにとって、比較的記事が書きやすいのはレビュー記事です。商品やサービスを実際に使ってみてその感想や効果について書くだけです...
知識ゼロの初心者の場合、ファンブログで作ったブログが人生はじめてのブログだ、という人も少なくないと思います。かくいう私もそうでした(笑)。フ...