今一番気になっているレンサバJETBOY、高速SSDクラウド型サーバー月額290円で無料SSL化可能

2017年8月に稼働し始めた格安クラウド型レンタルサーバーJETBOYを使ってみることにしました。その特長と私が気になっている点も含めて、紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




JETBOYってどんなサーバー?

JETBOYHP

JETBOYは、2017年8月からサービスを開始しているクラウド型レンタルサーバーです。

クラウド型サーバーというのは、通常の共有サーバーと異なり、サーバーをシェアする他ユーザーからの影響を受けにくいという特徴があります。通常の共有サーバーの場合は他ユーザーの使用量が大きくなると、その影響で自分のサイトの表示速度が低下することがあります。クラウド型サーバーはその点において、メリットが大きいです。

また、プランをグレードアップしやすというのも、クラウド型サーバーによくあるメリットですね。

その大きな特徴は、SSD高速サーバーが月額290円(年契約の場合)という格安価格で利用できるという点です。もちろん、今の時代に合わせ、独自SSLが無料で使用できます。しかも、その操作もワンクリックで完了するというのですから、初心者にも使いやすいです。

JETBOYのスペックと料金

JETBOY料金

料金プランは、ミニSSDからビジネスプロSSDまで6段階に分かれていますが、クラウド型サーバーなので、サイト規模に併せてスケールアップができます。

つまり、最初は一番低額な「ミニSSD」から始めて、サイトが大きくなりアクセスが増えるにしたがって、プランをグレードアップすることが可能なんです。

一番安い「ミニSSD」プランだと、ディスク容量5GBで、データベースは3つまで使用可能。

ディスク容量は小さいですが、月額290円でワードプレスサイトを独自SSLで、最大3つ運営できるのはJETBOYだけではないでしょうか。独自ドメイン10個、サブドメイン20個と制限されていますが、転送量は無制限です。

初期費用が必要ですが、ミニSSDプランの場合1,000円です(キャンペーン期間中は半額)。無料お試し期間14日間つき。

おすすめはファーストSSD(月580円~)

JETBOY料金プラン1JETBOY料金プラン2

ミニSSDプランが一番安いプランになりますが、おすすめなのはその一つ上のプラン「ファーストSS」でしょう。

初期費用1,500円(今なら半額)、月額580円(年払いの場合)となりますが、ディスク容量20GB、データベースは20個まで作成可能です。独自ドメイン、サブドメイン、転送量すべて無制限で、推定50万PV/月までの負荷まで対応可能となっています。

ワードプレスサイトを複数運営したい人であれば、ミニSSDだとデータベース3つまでなので、すぐに使い切ってしまうでしょう。ファーストSSDプランなら、20個までワードプレスサイトが作れます。

JETBOYのサポートサービス

JETBOY機能

JETBOYのサポートとサービスも、かなり期待ができそうです。

24時間365日いつでも問い合わせOKの安心サポート体制に加えて、無料代行作業サポートというサービスもあります。公式サイトにも以下のように説明されています。

サイトのお引越しや運用で発生する作業の全てをサポート、ご不明点の作業手順のご案内や、難しいサーバー移動作業などを無料で一括代行することができます!

サイトのお引越しも手伝ってもらえるようですよ。これなら、レンタルサーバー初心者にも使いやすそうです。これは、正直言ってかなり魅力的です。あの、煩雑なサイトお引越しを手伝ってもらえるんですから。

ただし、この代行サポートは、月額580円(年契約の場合)のファーストSSDプラン以上になります。

まずは2週間無料お試し!

もちろん、無料お試し期間が付いています。2週間ですから、機能や使い勝手をお試ししてみるには十分でしょう。さらに今ならキャンペーン中で、初期費用が半額になるそうですよ。

気になる方は、ぜひ試してみてはどうでしょうか。私もさっそく使ってみたいと思っているので、使い心地を追記しますね。

月額290円から使える超高速SSDレンタルサーバーJETBOY