初心者にも使いやすいクラウド型レンタルサーバー「MixHost」を使ってみたけど、すごくいい

IP分散のためにも、新しいレンタルサーバーを探していて見つけたのが、このMixHost。30日無料試用期間がついているので、ちょっとお試ししてみましたが、非常に使いやすいです。

クラウド型レンタルサーバー「MixHost」のレビューです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




クラウド型レンタルサーバー「MixHost」について

レンタルサーバー,MixHost,口コミ,レビュー

MixHostは、初期費用無料、月額480円から利用できる、高性能クラウド型レンタルサーバーです。レンタルサーバーとしての使いやすさと、クラウドサーバーのいいとこ取りしたような、レンタルサーバーです。

1.高速性を追求

高速性を追求しているというのがウリで、「LiteSpeed」Webサーバーを日本で初めて採用しているうえ、WordPressをより高速化する「LiteSpeed Cache」が標準で搭載されています。

2.コスパがいい

一番安いプラsンは月額480円(エコノミープラン)で、マルチドメイン、メールアドレス、データベース、FTPアカウント無制限なので、ワードプレスサイトの大量生産も可能です。ただ、このエコノミーはディスク容量が10GBしかないので、容量が必要な人は、スタンダードプラン(月額980円)ディスク容量20Bがおすすめです。

しかも、初期費用が無料なのも大きな魅力です。

*追記:2017年7月10日より、エコノミー以外のプランでデータ容量が増量されました。現在スタンダードプランは30GBです。

3.その他MixHostのスペック

サーバー稼働率99.99%以上の安定性、1日1回の自動バックアップつき。無料独自SSLで、WAF、ウイルススキャン、スパムメールフィルタを標準搭載。日本国内だけでなく、アメリカ二もサーバーがあるので、アダルトサイトの運営も可能です。

30日間無料お試しつきです。


「MixHost」を実際に使ってみた

最初は、サテライトサイト作りにと思って、お試ししてみたMixHostですが、かなり気に入っています。サテライトサイトだけではもったいないので、メインサイトも作りたいです。

とにかく、操作スピードが速くて、スムーズ。私が使っているのはスタンダードプランなので、データ容量が20GBしかないのがちょっと心もとないかなと思いますが、それ以外は文句なしです。

ワードプレスのインストールもとてもカンタンで、スピーディです。

操作画面は見やすく、分かりやすい。クラウド型レンタルサーバーといいますが、通常のレンタルサーバーを使っているような感覚で、使えます。ていねいなマニュアルとサポートもついていますので、初心者にもおすすめ。

MixHostの詳細はこちら


追記:

2017年7月10日より、MixHostのデータ容量が増量されました。

エコノミー:10GB
スタンダード:20GB→30GB
プレミアム:40GB→48GB
ビジネス:60GB→72GB
ビジネスプラス:80GB→96GB
(ただし、クラウドレンタルサーバーアメリカは対象外)

これで、ますます使いやすくなりましたね!