アフィリエイト初心者におすすめなレンタルサーバー比較

私が実際に使てみた複数のレンタルサーバーの中で、
アフィリエイト初心者に使いやすいサーバーをピックアップして比較しています。

詳しく読む

【海外アフィリエイト】WPでのサイト(ブログ)運営で注意したいセキュリティ対策

ワードプレスは難しい?HTML/CSSの知識がないとWPブログを運営するのは無理なの? WordPress

私はほとんどの場合、海外からアフィリエイトを行っています。主にワードプレスでサイトやブログを運営しています。

ワードプレスはオープンソースでどこからでもアクセスできる代わりに、常に不正アクセスやハッキングなどの危険にさらされやすいというデメリットがあります。そのため、セキュリティ対策をきちんと行っておくことが大切になります。

特に、海外から日本のサーバーを使用してワードプレスブログ(サイト)を運営する場合のセキュリティ対策について、私の経験をもとにまとめておきます。

海外在住の方、あるいは海外旅行中にワードプレスブログ(サイト)を編集する可能性がある方に、参考にしていただきたい記事です。

 

スポンサーリンク

ワードプレスの脆弱性を認識する

ワードプレスは難しい?HTML/CSSの知識がないとWPブログを運営するのは無理なの?

ワードプレスはオープンソースのブログ作成ツールです。

例えば同じブログ作成ツールでも、シリウスはローカルのパソコンにダウンロードして使用するので、そのパソコンでないと編集することはできません。一方、ワードプレスは、ネットにアクセスできれば世界のどこからでも管理画面にログインし、編集することが可能です。

つまり言い換えれば、ログインユーザー名とパスワードがあれば、だれでもどこからでもアクセス可能ということなんです。

そのため、その分ハッキングや不正アクセスのリスクがあります。

サーバーによるセキュリティ対策

ワードプレスを運営するためには、サーバーが必要ですが、レンタルサーバーによってはワードプレスへの不正アクセスを防止するために独自の施策を行っているところもあります。

例えば私がメインで使っているエックスサーバーは、デフォルトでは海外IPからのアクセスを遮断しています。そのため、エックスサーバーを使って海外から自分のワードプレス管理画面にログインするためには、エックスサーバーのサーバーパネルから「海外IPアドレス制限」を解除する必要があります。

また、MixHostColorfullBox(カラフルボックス)のようなクラウド型サーバーでは、コントロールパネルからアクセスしないとログインできない仕様になっているようです(この記事投稿時点)。

その他、JETBOYのように、そもそもサーバー管理画面への海外からのアクセスが制限されているサーバーもあります。

JETBOYは海外から申し込みできない?ジェットボーイ新規申し込み方法
格安クラウド型レンタルサーバーJETBOYは月額290円というコストで無料SSL化ワードプレスサイトが高速運用できるという、とても魅力的なサーバーです。しかし、私のように海外からブログアフィエイトをやっている人で、申し込もうとしたけどできな...

 

海外からワードプレスの管理画面にアクセスする方法

海外からワードプレスの管理画面にアクセスする場合、サーバー側で海外IPからのアクセス制限がかかっている場合は、それを解除する必要があります。これを解除したり、再度制限をONにするのは、サーバーの管理画面から簡単にできます。

また、スマホやタブレットにワードプレスのアプリをインストールしている場合は、それを使って自分のワードプレスブログ(サイト)を編集することも可能です。この場合、サーバー側による制限はONでもOFFでも使用できます。

海外からの不正アクセス対策

海外IPからのアクセスを制限しているのは、それだけ海外からの不正アクセスの被害が多いためです。私も以前初心者のころに、海外からの不正アクセスによって大変な目に遭いました。

不正アクセスによるドメインの初期化について
知識ゼロから始めた主婦アフィリエイターです。今回、実は、「不正アクセスによる所有しているサイトへのアクセス制限措置」というのを、エックスサーバーから受けまして、大変な思いをしました。将来また、同じことが起こった時のためにも、その成り行きと対...

ですので、海外からアクセスすることが多い人は、自分なりのセキュリティ対策を行うべきです(海外でなくてもセキュリティ対策は必要です)。

私はコンピューターセキュリティの専門家ではありませんが、自分がこれまで行ってきた最低限のセキュリティ対策をまとめて紹介しておきます。ただし、これを行えば100%安全と保障するものではありませんので、ご了承ください。

不要なときはできるだけ海外IPを遮断する

基本的なことですが、やはりそもそもの海外アクセスを遮断することが有効的でしょう。海外からワードプレスをいじる場合には、どうしてもサーバーで設定されている海外IPからのアクセス制限を解除する必要があります。

しかし、ワードプレスを触らないときはなるべく、こまめにアクセス制限をONにしておくのが安心です。

セキュリティ対策のためのプラグインを利用する

海外であっても国内であっても利用したいのが、セキュリティ対策のためのプラグインです。私が使っているプラグインは、Akismet Anti-SpamとSiteGuard WP Pluginです。これで万全だとは思いませんが、ないよりはましでしょう。

ちなみに、SiteGuard WP Pluginはインストールして有効化すると、ログインの認証に「ひらがな」認証が加わります。万が一、海外で日本語をインストールしていないパソコンで作業をする可能性がある人は、前もってそれを解除しておくなどの準備が必要かもしれません。

ただし、プラグインはアップデートの際にエラーやバグが出たりして、突然使い物にならなくなることもあります。プラグインをインストールするときには最新の情報を確認してから行ってください。

プラグインやワードプレスのアップデートはこまめに行う

プラグインやワードプレスは定期的にアップデートされますので、できるだけまめに更新するようにしましょう。古いバージョンのまま放置しておくと、その脆弱性をついて不正アクセスなどの標的にされることがあります。

ワードプレス、プラグイン、テーマの更新通知が届いたら、速やかにアップデートを行うようにしてください。更新作業を煩雑にしないためにも、使わないテーマやプラグインは削除しておくことをおすすめします。

ブログ(サイト)表示名を変更する

ワードプレスブログ(サイト)を開設したとき、デフォルトではブログに表示される管理人の名前がログインユーザー名と同一になっています。これは、不正にログインしようとする人にユーザー名を明かしていることになるので、すぐに変更しておきましょう。

表示名は、プロフィール編集で「ニックネーム」と「ブログ表示名」を編集することで変更できます。

パソコンのセキュリティ対策を行う

もう一つ、パソコンのセキュリティ対策を行うことも大切です。最低でもウイルス対策ソフトは何か導入しておきましょう。

また、違法サイトなどにアクセスすると、そのサイトにマルウェアが仕込まれていることが多々あります。少し前に閉鎖した「漫画村」にも漫画閲覧中に勝手に仮想通貨マイニングをするマルウェアが仕込まれていたという話があります。

ですので、仕事のために使うパソコンなら、違法サイトへのアクセスは控えることをおすすめします(そうでなくても、違法なものには手を出さないようにしましょう)。

ブラウザのパスワード記憶機能は考えモノ

ワードプレスだけでなく、どんなサイトでもログイン情報としてログインユーザー名とパスワードをブラウザ(グーグルクロムとかエクスプローラーなど)に記憶させることができますね。これは非常に便利な機能ですが、パスワードを第三者に盗まれる危険性もはらんでいます。

例えば、グーグルクロムを使っている場合、パソコンだけでなくスマホにもクロームをインストールしていると、お互い同期してくれます。このため、万が一スマホを盗まれた場合、クロームに記憶させていたすべてのパスワードを盗まれてしまうことになります。

便利な機能ですので私も利用していますが、このような危険性をはらんでいるということは理解しておくべきでしょう。

万が一のためのバックアップ

海外からのアクセスでワードプレスを使用するときのセキュリティ対策について、まとめてみました。実際には、海外からでなくても、上記のようなセキュリティ対策は行っておくべきだと思います。

また、万が一のために自分でワードプレスサイトのバックアップを取っておくことも大切です。エックスサーバーなどは、定期的なバックアップ機能を備えていますが、自分の手元にもバックアップがあるとより安心ですよね。

しかしながら、いくらバックアップがあるからといっても、いったん不正アクセスのために自分のサイトやブログが編集できなくなり、一からやり直しとなると相当な手間です。そのような事態を防ぐためにも、セキュリティ対策を自己責任で行っておくようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. takeshi より:

    ランキングから来ました。
    私も現在海外在住で日本のサーバーでWordPressを
    使用しています。セキュリティ対策はあまり気に
    していませんでしたが、記事を読み
    今後注意しようと思いました。
    とても参考になりました。
    次回楽しみにしています。

トップへ戻る