アドセンス1PV当たりの広告収入単価は?いくら稼げる?

アドセンス広告でブログを収益化させようというとき、気になるのは「いったい何PVあればまとまった収入になるのだろう」ということではないでしょうか。結論から言うと、1PV当たりのアドセンス収益は、だいたい0.1~0.5円だといわれています。

0.1円と0.5円では、ずいぶん差がありますが、この差はブログジャンルや広告の貼り方などによって変わってくるようです。では、1PV当たりの広告収入単価を上げるためには、どのようなジャンルのブログがおすすめなのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




1PV当たりのアドセンス収益単価

アドセンス,1PV,いくら,収益,単価

冒頭にも書きましたが、1PV当たりの広告単価は0.1~0.5円が相場のようです。つまり、100PVあれば約10~50円稼げるということになります。平均すると、100PV当たり25~30円稼ぐ人が多いようです。

一方で、1PV当たり1円稼ぐブログもあり、ブログジャンルによるアドセンス収入単価には非常に幅があるということになります。

稼げるブログジャンルとそうでないブログ

では、0.5円以上稼ぐブログとはどのようなジャンルのものなのでしょうか。

今回この記事を書くにあたっていろいろ調べてみましたが、私の経験と合わせると、次のようなジャンルのブログが強いという結論に至りました。

  • 金融系(FX、投資、保険、クレジットカードなど)
  • ダイエット系
  • 美容やその他のコンプレックス系(便秘、薄毛など)

これらのジャンルは、季節を問わず一貫してクリック単価が高く、1PV当たりの広告収入も高くなるとみられています。

自分のブログの1PV当たりのアドセンス収入を見る

運営しているブログのアドセンス収入単価を見るには、アドセンスで「ページRPM」を見れば分かります。RPMとは「Revenue Per Mille」の略です。計算方法の説明を省き、カンタンにいうと、広告表示1,000回当たりの収益の予測額になります。

つまり、RPMが300円となっていれば、1,000PVについて300円稼いでいるということになります。1PV当たりの収入は0.3円ということになりますよね。この数値を利用して計算すれば、自分の目標収益に達するにはどのくらいのアクセスが必要なのかを算出することができます。

広告配置も関連してくる

アドセンス収入を増やすためには、アクセス数を伸ばすことも大切ですが、同時にこのRPMを上げることも効果的です。RPMを上げるにはクリック率とクリック単価を上げることが必要になってきます。

広告クリック率を上げるための方法として、ブログ内の広告配置を見直すことが有効かもしれません。

一般的に、ブログ内の広告でクリック率が高いといわれるのは、記事直下と記事内のアドセンスです。逆に、サイドバーなどのアドセンスはクリック率が悪いと評判ですので、一度自分のブログの広告配置を確認してみましょう。

Googleアドセンスはブログアフィリエイトの基本ともいえるものですので、導入している人は多いでしょう。アドセンスを1年もやっていると気づく...
Googleアドセンスはブログ初心者にも使いやすい自動広告配信サービスです。その広告の一つの形態として、スマホの画面下部に追従して表示される...
先月2017年9月の末ごろから現在にかけて、私のアドセンス広告の収益が伸び悩んでいます。アドセンス広告を配置しているPV数は増加しているのに...