アドセンスなどのオーバーレイ広告は本当に効果的なのか?

Googleアドセンスはブログ初心者にも使いやすい自動広告配信サービスです。その広告の一つの形態として、スマホの画面下部に追従して表示される「オーバーレイ広告(アンカー広告)」があります。スマホでブログを見ている読者には、常に表示される広告ですので、広告効果が高いと思われがちですが、本当に効果的なのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




オーバーレイ広告(アンカー広告)とは

アドセンス、オーバーレイ広告、アンカー広告、効果

オーバーレイ広告というのは、一般的にはスマホの画面下に帯状になって常時表示される広告のことです。画面をスクロールしても常に表示されたままになるので視認性が高く、広告効果が高いと思われがちです。

Googleアドセンスでは、「アンカー広告」と呼ばれ、管理画面では「ページ単位の広告」の一種として扱われています。

他人のサイトやブログを見ていると、スマホで画面をスクロールしてもずっと画面下に表示されたままの広告ってありますよね。初心者の頃は、ああゆう広...

オーバーレイ広告の広告効果

画面をスクロールしてもそこに固定されて表示されるので、広告の視認性が高くなりますが、一方で誤クリックも生じやすくなります。自分が読者としてスマホで記事を読んでいるときのことを思い浮かべればわかると思いますが、けっこう「うっとうしく」感じることもありますよね。

ですので、ユーザーによっては、オーバーレイ広告の表示率が高いブログを嫌う人も少なくないと思います。

つまり、オーバーレイ広告は視認性が高く誤クリックによる広告収入も期待できる反面、ユーザーの離脱を高める要因にもなりかねないという両面を持っています。

Googleアドセンスのアンカー広告

オーバーレイ広告を表示させる方法はいくつかありますが、その中でGoogleアドセンスのオーバーレイ広告(アンカー広告)は、比較的ユーザーストレスが小さいと言えます。

なぜなら、アドセンスが広告効果が高いと計算した時にのみ表示され、またユーザーの意思でアンカー広告を非表示にすることも可能だからです。

言い換えれば、アドセンスのオーバーレイ広告(アンカー広告)は、設定しても常にスマホ画面に表示されるものではありません。そのユーザーに最適な広告がない場合や、アドセンスが広告効果が低いと判断した場合には自動的に表示されなくなります。

オーバーレイ広告のクリック単価

誤クリックの可能性が高くなるオーバーレイ広告ですが、そのクリック単価は他サイズの広告に比べると低いとも言われています。しかし、クリック率は高くなる場合が多く、その広告効果はバカになりません。

広告収入を増やしたいけど、ユーザーのストレスが増えて離脱率を上げてしまうことは避けたい…、アフィリエイトをやっていると常にこんなジレンマがつきまといますよね。

先ほども言いましたが、Googleアドセンスはオーバーレイ広告の中でもユーザーストレスが小さい広告です。ですので、初めてオーバーレイ広告を導入する際には、アドセンスから始めてみるのが良いかもしれません。それで、オーバーレイ広告設置前と後で、どのくらい広告収益が変化するかを比較してみるのがおすすめです。

アドセンス広告でブログを収益化させようというとき、気になるのは「いったい何PVあればまとまった収入になるのだろう」ということではないでしょう...
アフィリエイトをやる上で、欠かせない存在がASPです。ASPも、最近では数が増え、手当たり次第に登録すればよいというものでもありません。ここ...