★エックスサーバーキャンペーン情報

このブログを運営しているエックスサーバーのキャンペーン情報です。新規サーバーの申込で独自ドメインがずっと無料になるというキャンペーンが行われています(移管でもOK)。

ドメインは、.comや.netなど、人気の5種類の中から選べ、以降の更新料もかからないので長く運営すればするほどお得になります。

詳しくは以下のリンクで
エックスサーバー

スポンサーリンク

根拠のないランキング記事は景表法に抵触する恐れがあるという話

最近、アフィリエイトサイトについて厳しい見方が強まっていますね。アフィリエイトサイトでよく見かけるランキング記事ですが、これは、上手に行うとかなり稼げるということで、多くのアフィリエイターが採用している記事形式です。

ランキングというのは、商品やサービスをおすすめ順に並べて消費者に提示するものです。そのランキングの順位にそれなりの理由があればいいのですが、何の根拠もなしにランキングしてしまうと、「景表法(景品表示法)」という法律に抵触する恐れがあります。

スポンサーリンク




景表法(景品表示法)とは

ランキング

景表法(景品表示法)とは、ざっくりした言い方をすると、消費者を不当な広告や宣伝から守るための法律です。

消費者が正しく判断できなくさせるような広告や言い回し、虚偽、誇大広告を取り締まるためのものです。

美容や健康系のアフィリエイトを行っている場合、アイテムや含まれている成分の効果や効能に関する表記方法には、いくつかの法律が関連してきます。こ...

ランキング記事は法律違反か?

商品やサービスをおすすめ順に並べて紹介する方法は、ランキング記事としてよく用いられているものです。消費者にとっては、たくさんある選択肢が比較検討されているので、商品を選ぶときには便利な記事ですよね。「商品カテゴリー、ランキング」で検索するユーザーも、実際多いものです。

しかし、中には何の根拠もなくランキングとして並べられている記事もあります。中でも悪質なのは、アフィリエイト商材の報酬額が高い順にランキングされたもの。これは、消費者にとって何の利益もありません。

ランキング記事を書くなら根拠づけが必要

ただし、ランキング記事自体が悪いわけではありません。

ランキング記事を書いているアフィリエイターの人の中には、本当にすべての商品を試して自分が良かったと思っているものを順番に紹介している人もいます。

また、商品の特徴や機能を客観的にに比較して、ランキング順に並べているものも、消費者にとっては有益な記事です。

冒頭にも書きましたが、ランキング記事は商品やサービスを紹介する際にとても効果的な方法です。ただ、順位付けをするのであれば、それなりの根拠と理由を示す必要があります。

アフィリエイトはビジネスですので、報酬額を稼ぐことが目的ですが、消費者に不当に不利益な情報を提供することは、法律に触れる恐れがあるということを認識したうえでのセールスライティングを行いたいものです。

スポンサーリンク