おすすめ新刊著書の紹介ーブログアフィリエイトやWEBライティングに関するハウツー本
ブログ初心者におすすめなレンタルサーバー比較

私が実際に使てみた複数のレンタルサーバーの中で、
ワードプレスブログ初心者に使いやすいサーバーをピックアップして比較しています。

≫詳しく読んでみる

ポッドキャストにお問い合わせフォームを追加してみた

お問い合わせ、フィードバック、コンタクト ポッドキャスト

ポッドキャスト配信で気になっていたことが、リスナー(ユーザー)さんとのコミュニケーションがとりにくいなぁということでした。ポッドキャストは複数のプラットフォームで配信されているので、使うアプリによっても異なりますが、配信者にコメントを送ったりということができないものが多いんです。

それで、作成ツールのAnchorで詳細欄にGoogleフォームで作ったお問い合わせフォームを追加してみました。

スポンサーリンク

ポッドキャストにおけるコミュニケーション

たいていのブログは、コメントを通じてユーザー(読者)とコミュニケーションをとることができます。ところが、ポッドキャストの場合、コメント欄を設けているのはキャストボックスなどの一部のプラットフォームのみだと思います。

アンカー(Anchor)では、リスナーからポッドキャスト配信者に直接メッセージを送ることもできますが、音声録音という形でのメッセージ送信となります。これでは単にコメントを書くという行為よりも、ハードルが高くなってしまいますよね。

私は元々がブロガーなので、ユーザーさんとコミュニケーションするのが好きです。コメントをもらったらうれしいし、やる気が出てきます。コメントから新しいコンテンツのインスピレーションをもらうことも少なくありません。

それで、何とかどんなプラットフォームで聴いてもらっている方でも、気軽にメッセージを送信してもらえる方法はないのかな、と考えていました。

 

Googleフォームでお問い合わせを追加してみた

ポッドキャストでは、自分のプロフィール画面と各エピソードの詳細欄にテキストを追加することができます。そこに、自分のメインブログへのリンクを追加しているので、いったんブログに飛んでもらってそこからお問い合わせフォームなりコメントなりからメッセージをいただくということも可能です。

ただ、その場合、最低でも2つのステップが必要で、ワンクリックでコメントをいただくことにはなりません。

そこで、とりあえず追加してみたのが、Googleフォームで作ったお問い合わせフォームへのリンクです。これなら、ワンクリックですぐお問い合わせ画面に飛ぶので、ストレスが小さいかと。

 

もう一つの狙いは広告収入

もう一つ考えているのは、今後ポッドキャストというコンテンツ配信システムが日本でも広く普及した場合、そこで音声広告(サウンドアド)を配信するという将来もあるかもしれないという点です。すでにAnchorなら、アメリカをベースとするポッドキャスターに限られますが、自分のコンテンツに音声広告を追加して直接収益を得るという方法が可能です。

Anchorを介した収益化でなくても、多くのリスナーを抱えるポッドキャストに成長させることができれば、企業からの広告配信依頼があることも考えられるのではないでしょうか。

テキスト、バナー広告、動画広告とくれば、サウンド広告も自然な流れで起こってくるのではないかと思っています。そうなったときに、直接コンタクトを取っていただけるお問い合わせフォームは、設置しておいて損はないのでは、と考えるのでした。

 

スポンサーリンク
「知識ゼロ未経験ライターからブログ運営を経て不労所得を作るまでの道のり」メルマガ無料登録

・知識ゼロ、未経験からウェブライターになる方法
・ライティング技術を活かして自分でブログ運営する方法
・コンテンツ販売などによる不労所得を作る方法

など、ブログや他サイトでは公開しにくいノウハウを紹介しています。

登録者全員に、

SEOライティングや文章力を200%高めるブラッシュアップ法を盛り込んだ、
PDFファイル(14000文字強)を特典として無料プレゼントしています。

登録は無料、解除もいつでも可能です。

迷惑フォルダに入ることが多いので、メルマガが届かない場合は、迷惑フォルダをチェックしてみてください。

ポッドキャスト
スポンサーリンク
知識ゼロから始める主婦アフィリエイト日記

コメント

トップへ戻る