おすすめ新刊著書の紹介ーブログアフィリエイトやWEBライティングに関するハウツー本

ワードプレスにユーザーを追加する方法:ワードプレス投稿の外注

ワードプレス,続かない,挫折,初心者,やめたい WordPress

副業としてワードプレスでのブログ運営をやってみたいと思っていても、ネックとなるのは時間かもしれません。私はフルタイムでライティングやブログ運営をしていますが、副業となると、作業時間が限られてきますよね。記事作成は外注できても、ワードプレスへの投稿は自分でやらなくちゃ…、でも意外と時間がかかるなぁと悩んでいる人は多いかもしれません。

そのような場合、ワードプレスの投稿作業を外注することもできます。ワードプレスにユーザーを追加して、ワーカーさんに直接ワードプレスへ書き込み投稿してもらうのです。

今回は、ワードプレス投稿作業を外注するさいに必要となる、ユーザー追加の方法について解説します。

スポンサーリンク

ワードプレスはユーザーを追加して複数で運営することが可能

ワードプレスはオープンソースのブログ作成ツールです。インターネットがあれば理論的にはどこからでも管理画面にログインすることができます。

つまり、ワードプレスで作ったブログやサイトを複数のユーザーで運営することが可能なのです。

複数のユーザーでワードプレスブログを運営するためには、あらかじめユーザーを追加しておかなくてはいけません。ユーザー名とパスワードを設定することで、そのユーザーがワードプレスにログインできるようになります。

ワードプレスのユーザーステータス(権限)について

ワードプレスにはユーザーを追加できる機能が備わっていますが、それぞれのユーザーのステータスによって権限を制限することが可能です。

ワードプレスの権限には以下のような種類があります。

  • 管理者
  • 編集者
  • 投稿者
  • 寄稿者
  • 購読者

以上のような5段階になっていて、管理者が最も大きな権限を持っています。ワードプレスブログ(サイト)を作成した場合、作成者は管理者になっているはずです。

下のステータスに下がるほどに権限が制限されます。それぞれの権限を簡単に説明しておきます。

管理者:
ワードプレスのすべての機能を使うことができます。
編集者:
すべてのコンテンツに関して公開、編集、削除などができますが、ワードプレス自体のカスタマイズやユーザー管理はできません。次に述べる投稿者と異なるのは、自らが投稿した記事だけでなくすべてのユーザーの投稿について権限を持つという点です。
投稿者:
自分のコンテンツに関して公開、編集、削除などができますが、他人の投稿に関する権限はありません。メディアのアップロードに制限がありません。
寄稿者:
自分のコンテンツを作成、編集することはできますが、公開することはできません。寄稿者の投稿は「レビュー待ちとして保存」され、編集者あるいは管理者によって公開されるのを待つことになります。メディアのアップロードに制限があります。
購読者:
記事を閲覧することができるユーザーです。コンテンツを投稿したり編集することはできませんが、記事にコメントを付けることは可能です。会員制サイトを作る際には便利な機能かもしれません。

ワードプレス投稿を外注する際にふさわしいユーザー権限

ワードプレスでの投稿を外注する場合、ユーザー権限はどれがふさわしいのでしょうか。

どのステータスをユーザーに与えるかは、管理者の自由ですが、ワードプレス投稿を外注する場合、少なくとも寄稿者以上のユーザー権限は必要となります。

ワードプレスの投稿だけでなく、他のユーザーの投稿も管理してもらいたいワーカーさんであれば、編集者権限を与える必要があります。そうではなくて、本人の投稿したコンテンツのみ責任をもって編集してもらいたいという場合は、投稿者でよいでしょう。

ただし、投稿者は自身のコンテンツを公開することができます。そのユーザーに公開する権限を与えたくない場合は、寄稿者として登録するようにしますが、寄稿者はメディアのアップロードに制限がかかることも覚えておきましょう。

ワードプレスでユーザー追加する方法

では、ここからは、ワードプレスにユーザーを追加する方法について説明します。

準備として、新規ユーザーとして登録する人のメールアドレスが必要になります。ワードプレス投稿を外注するのであれば、そのワーカーさんのメールアドレスを聞いておきましょう。

ワードプレスでユーザーを追加するためには、管理画面のメニューから「ユーザー」>「新規追加」を選択します。

そうすると、以下のように新規ユーザー登録の画面が開きます。

ここでユーザー名とメールアドレスは必須となります。メールアドレスには、新規追加したいユーザー(外注ワーカーさん)からもらったメールアドレスを入力します。ユーザー名は、あらかじめユーザーに希望を聞いておいてもいいですし、管理者として自分が分かりやすいようなユーザー名(アルファベット文字列)で設定してもOKです。

そして、「ユーザーに通知を送信」のところで、「新規ユーザーにアカウントに関するメールを送信」の横のチェックボックスにチェックが入っているのを確認します。デフォルトではチェックが入っているので、チェックマークがついていたらそれでOKです。

次に権限グループを設定します。先ほど上で説明したユーザー権限で、そのユーザーにふさわしいと思うものを選択します。ここでは投稿者として登録しています。

これであとは「新規ユーザーを追加」ボタンを押せば、ユーザー追加は完了です。

「新規ユーザー追加」ボタンをクリックすると、上のようなユーザー一覧に切り替わります。ここに、新しく追加したユーザーさんが表示されているはずです。

ユーザー側でパスワードを設定しログインしてもらう

ワードプレスの管理人側で新規ユーザー追加が完了すると、追加したユーザーの元にメールが届きます。

その中には、パスワード変更のためのURLとログイン画面へのURLが記載されていますので、ユーザーさんに自分でパスワードを設定してもらうとよいでしょう。

あるいは、上の新規ユーザー追加の時点で、こちらでパスワードを設定し(「パスワード」というボタンをクリックして好きな文字列をパスワードとして設定できます)、ユーザー名とパスワードをメールで通知することでもログインしてもらえます。

ユーザー権限は後で変更も可能

先ほど、新規ユーザー追加の登録で、ユーザー権限を決定しましたが、これはあとで変更することも可能です。

ユーザー>ユーザー一覧から、ステータスを変更したいユーザーの箇所をマウスオーバーすると表示される「編集」という文字をクリックします。これで、そのユーザーのプロフィールやステータス、権限などを変更することが可能です。

もし、そのユーザーさんをワードプレスにログインさせたくなくなったら、権限の選択で「子のサイトでの権限無し」を選択で、サイトへの権限がなくなると思います。あるいは、ユーザーアカウントごと「削除」することもできます。

複数ユーザーが登録できるワードプレスは便利

ワードプレスブログやサイトの運営を行う上で、複数のユーザーで運営ができるということはたいへん便利な機能だと思います。

せっかくの機能ですから、十分に活用して、効率的なサイトやブログ運営を行いましょう。

 

スポンサーリンク
ワードプレス導入からミニサイト作成までマニュアル本

ワードプレスでアフィリエイト用のミニサイトを作りたい初心者向けのマニュアルです。

画像を多用することにより、はじめてのワードプレスサイト作成もスムーズに!

ワードプレスをインストールし、初期設定、プラグイン導入から、無料テンプレートを使って実際のアフィリエイトミニサイトを作るまでの工程を説明しています。このマニュアル通りに行えば、初心者でも基本のミニサイトが作成可能です。

WordPress
スポンサーリンク
知識ゼロから始める主婦アフィリエイト日記

コメント

トップへ戻る