スポンサーリンク

ブログで稼ぐために私がワードプレスをおすすめする理由

このブログでは、基本的にブログアフィリエイトの方法について、記事を書いています。その中で、一貫して言い続けていることが「本格的に稼ぐならワードプレスでブログを運営しましょう」ということです。

もちろん、ワードプレス以外でもブログを作る方法はありますし、それ以外の方法で稼いでいる人もたくさんいます。

しかし、私の場合、やはりワードプレスで作る方がやりやすいと感じますし、現実に稼ぎ頭のブログたちは、みんなワードプレスなんですね(笑)。

どうしてブログで稼ぐにはワードプレスがいいのか、その理由について改めて考えてみました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




そもそもワードプレスって何?

ワードプレス

ブログを作り始めたばかりの人の中には、「そもそもワードプレスって何なのさ?」と思っている人もいるかもしれません。

ワードプレスというのは、分かりやすく言うとブログを作るための道具です。ブログを作る方法は、他にもいろいろありますので、必ずしもワードプレスを使わなくてもブログ作成は可能です。ブロガーやアフィリエイターの中には、ワードプレスを使っていない人もいるでしょう。

ワードプレスの特徴としては、世界中で使われているオープンソースで、基本的に無料で使用できるブログ作成のためのツールだということです。


オープンソースソフトって何?

オープンソースというのは、分かりやすく言うとネット上にあって、ネット接続できればいつでもどこでも利用できるということです。

通常、パソコンで使うソフトウェアは、自分のパソコンにダウンロードしたあと、インストールして使うものが多いですよね。それらは「オープンソース」とはいいません。これらのツールは、自分のパソコンに入っているので、ネット環境にいなくても(オフラインでも)使用できるメリットがある反面、インストールしたパソコンが手元にないと利用できません。

つまり、ワードプレスはたとえ自分のパソコンが手元になくても、ネット接続さえできれば、世界のどこからでもアクセスできて、自分のブログを編集できるというものなんです。

この感覚は、無料ブログサービスでブログを書くのと似ています。

ちなみに、アフィリエイターさんがよく使っているブログ作成ツールにシリウスがありますが、これはオープンソースではありません。つまり、シリウスは自分のパソコンにインストールしたら、そのパソコンでしか作業できないということになります。

一方で、オフラインでも記事を書いたりすることが可能になります。


ワードプレスを使うのは無料だけれど

先ほど、「基本的に無料で使用できるブログ作成のためのツール」と述べました。

ブログ作成ツールとしてのワードプレス自体は無料で使用できます。しかし、ワードプレスで作ったブログをネット上に公開するには、別にサーバーが必要となり、有料になります。

サーバーは、以前記事にも書いたことがありますが、たくさんありますので自分の使いやすそうなサーバーを選んで契約します。格安サーバーと呼ばれるところを利用すれば、1か月300円以内から始めることも可能です。

ただし、サーバーにも良し悪しがあり、ワードプレスに対応していないプランもあります。よく比較検討してから、決めるようにしましょう。

初めてアフィリエイトを始める方には、無料ブログでお試ししてみることをすすめています。アフィリエイトは完全に無料で始められるネットビジネスです...

つまり、ワードプレスでブログ運営しようと思えば、少しの投資は必要だということです。ちなみに、ワードプレスの運営する無料ブログサービスもありますが、私は使ったことがないので、よくわかりません(すみません)。

ワードプレスでブログを運営するにかかる費用は、ドメイン代初年300円~1,000円前後(ドメインの種類によって異なる)、レンタルサーバー代毎月300円~1,200円前後+初期費用0円~3,000円程度(会社と契約プランによって異なる)が必要です。


ワードプレスをおすすめする理由

前置きが長くなりました。本題の「ワードプレスをおすすめする理由」について、私の考えを書いておきます。

1.カスタマイズが自由

無料ブログサービスでブログを作っていると、だんだんと「できないこと」が分かってきます。ちょっとしたデザインや仕様を変更したくても、専門的知識がないとできなかったり、カスタマイズのための情報が得られなかったり…。

作り込もうとすればするほど、フラストレーションがたまるんですよね。

それに比べるとワードプレスの場合、カスタマイズが自由です。また、下にも述べますが、世界中で使われているソフトですので、多くの人がカスタマイズの方法をネット上に書き込んでいます。

無料で使えるテンプレートも豊富で、「プラグイン」という機能を使って、さまざまな機能を追加することも可能です。


2.強制広告が入らない

これは、ワードプレスに限らず、自分でサーバーを契約してブログを作るわけですから、無料ブログサービスのように強制広告が入りません。

無料ブログサービスは、ほとんどの場合強制的に表示される広告が入りますし、最初は入らなカットしても○○日間ブログを更新しないと広告が表示されてしまうパターンが通常です。

もちろん、自分のアフィリエイト広告を載せるのも自由ですし、(サーバーの支払いを継続している限り)完全に自分のブログ=財産として保持することができます。


3.ネット環境があればいつでもどこでも編集可能

先にも書きましたが、ワードプレスはオープンソースなので、ネットに接続できれば、いつでもどこでも作業ができます。

スマホ用のアプリをインストールしておけば、スマホからの編集もできますし、スマホで撮った写真をそのままアップすることも可能です。


4.ブログ作成ソフトとして無料で使用できる

サーバー代は必要ですが、ソフト自体を使用するのは無料でできるというのも大きなメリットです。また、ワードプレスは頻繁にアップデートされており、理論的にはアップデートの度に使いやすくなっていくはずです。

無料テンプレートを使えば、かなりコストを低くできます。ちなみに、このブログもワードプレスで作っています。テンプレートはSimplicityを使わせていただいています。


5.使い方などが検索しやすい

先にも書きましたが、ワードプレスは世界中で使われているツールですので、そのカスタマイズ方法や、トラブルシューティング、使い方などに関する情報もネット上にたくさん公開されています。

最近は日本語での情報も増えてきていますので、ますます初心者の人にも使いやすくなってきていると言えるでしょう。


おまけ:Googleアドセンスの審査に通りやすい

これは、ワードプレスでブログを作れば、必ずアドセンスの審査に通るという意味ではありません。

ただ、最近は、無料ブログサービスで作ったブログでは審査に通りにくいという話をよく耳にしますので、レンタルサーバーを使ってきちんと自分でブログを運営することはアドセンスの審査に通りやすくなるステップだと考えています。


ワードプレスに欠点はないのか

メリットたくさんのワードプレスですが、もちろん欠点もあります。

まずは、やはり完全に無料ではワードプレスブログは運営できないということ。サーバー代、ドメイン代が最低限必要です。

また、無料ブログサービスと違って、ブロガー同士のコミュニティがありません。無料ブログサービスでは、(会社にもよりますが)読者登録やお気に入り登録などでビジターを増やすための施策が設定されています。

一方、ワードプレスの場合そういった「横のつながり」のようなコミュニティはできにくく、アクセスを集めるためには自分で努力をしなくてはいけません。

ワードプレスブログで稼ぐためには、効果的な記事の書き方や、SNSの使い方など、徐々に勉強していく必要があるでしょう。

また、ワードプレスで作ったブログを検索エンジンからの集客でアクセスを集めたい場合、少なくとも800文字以上の記事を100本は書くつもりでいた方がいいと思います。そうでなければ、よほど裏技(ブラックハット的な手法)を使わなければ、稼げるところまで行くのは難しいかもしれません(もちろん、ジャンルにもよりますが)。