2018年に大きく飛躍するためのアフィリエイト戦術

検索エンジンにアップデートが頻繁化する中、もはや小手先だけのSEO戦略は通用しなくなりつつあります。最近、アフィリエイト関連記事を読んで、気になったトピックについてまとめてみました。

これからアフィリエイトを始める人、2018年に大きく成長したい人(私のことです)に向けてのメッセージというか、ポイントを改めてまとめてみた記事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




テクニックだけのSEOでは生き残れない

ここ数か月、検索で表示される順位が大きく変動を続けているようですね。それだけ、検索エンジンの進化のスピードが速まっているということだと感じています。

以前から言われていますが、もはやついに、テクニック(小手先だけの)SEOで検索上位に上がるのは不可能な時代になってきたということではないでしょうか。

逆に言えば、本当にユーザーに役に立つ質のいい記事をコツコツ書いている、真面目なブロガーやアフィリエイターが報われる時代の到来だと思います。

ユーザーを無視したサイトは淘汰される

2018,アフリエイト,戦略,稼ぐ

以前のSEOでは、ユーザー向けに記事を書くのではなく、検索エンジンに向けて記事を書く、というスタイルでした。しかし、それもどんどん塗り替えられつつあります。

もちろん、検索エンジンに向けて分かりやすい記事を書くことはいまだに大切ですし必要なことです。しかし、完全にユーザーを無視したようなブログやサイト作りは、今後ますます通用しなくなるでしょう。

「始めにユーザーありき」で、ブログやサイトを作る人が、2018年の最後に笑っているような気がします。

スマホ対応からスマホ中心へ

スマホ対応が叫ばれるようになって久しいですが、2018年は「スマホ対応」では不十分です。スマホにも対応しているよ、ではなく、むしろ「スマホ中心」の時代です。

スマホを無視したサイトはもちろん淘汰されるでしょうし、収益の大部分がスマホから発生するという状況に、すでになりつつありますよね。

2018年のサイト作りは、とにかくスマホ重視、スマホ表示が「主」で、PC表示が「従」くらいの勢いで行う方がちょうどいいかもしれません。

アドセンス以外の広告配信でリスク分散

アドセンスのように、ユーザーに最適化して広告を配信してくれるサービスがどんどんと普及したのが、2017年だったような気がします。アップル社のITP機能などデジタル広告業界に波紋を投げかけたサービスもありますが、それも時代の流れ。

アドセンスだけに依存するのではなく、他社の広告配信サービスやASPなどの利用でリスク分散することが必要だと感じてします。

画像のオリジナリティも重要か

記事コンテンツのオリジナリティといいつつも、これまでは主にテキスト(文章)部分のオリジナリティが重視されてきました。それは、検索エンジンには画像が読み取れないといわれてきたからです。

しかし、それもどんどん進化するのではないかと思います。これからは、テキストだけでなく、画像のオリジナリティにも配慮したサイト作りをしていきたいものです。

常時SSL化は当たり前

これはもう、常識になりましたね、サイトの常時SSL化。

今から始めるアフィリエイトサイトやブログなら、SSL化しない方が不思議といってもいいくらいでしょう。逆にSSL化できていないブログやサイトは、今後ますます順位を落としていくと予想されます。

先日から、サイトやブログの常時SSL化が気になっているので、いろいろとレンタルサーバーをチェックしています。独自SSL証明書を無料で取得でき...

AMPは使い分ける

AMP対応についても、じわじわと普及してきましたね。スマホ中心となれば、もっとAMP対応するサイトやブログが増えるでしょう。AMPはスマホ表示速度が劇的に早くなるので、SEO対策としても有利です。

ただし、AMP対応したページではなにかと制約も多いので、AMP対応するべきページ(ブログ)とそうでないページをうまく使い分けることが必要かもしれません。

ドメイン年齢はSEOに関係なし

少し前までよく耳にした「ドメイン年齢が長い方がSEOに強い」という話も、すでに過去の話となりました。現在の検索エンジンは、すでにドメイン年齢は関係なく評価しているようです。

2018年のアフィリエイト方針

2018年からのアフィリエイト、そしてさらなる飛躍を目指す人にとって、気になるトピックをまとめてみました。2018年のアフィリエイトで重要なキーワードは次の3つのかな、と思います。

  • ユーザー中心
  • スマホ中心
  • オリジナリティ

ここから外れないサイト(ブログ)作りをしていけば、きっと来年の年末も笑っていられるはず!