おすすめ新刊著書の紹介ーブログアフィリエイトやWEBライティングに関するハウツー本
ブログ初心者におすすめなレンタルサーバー比較

私が実際に使てみた複数のレンタルサーバーの中で、
ワードプレスブログ初心者に使いやすいサーバーをピックアップして比較しています。

≫詳しく読んでみる

英語ブログにおすすめな無料ブログサービス

英語ブログにおすすめな無料ブログサービス 無料ブログサービス
英語ブログにおすすめな無料ブログサービス

先日英語ブログを始めました。英語ブログといっても、英語学習に関するブログではなく、英語で書くブログです。本来ならワードプレスがいいのかもしれませんが、私が開設したのは無料ブログサービスBloggerを使った英語ブログです。

なんでBloggerで英語ブログを作ることにしたのか、その理由を書き留めておきます。

スポンサーリンク

英語ブログは稼げるのか?

そもそもなんで英語ブログを始めようと思ったのかについては、ボイスブログとしてしゃべっているので、そちらを聞いてみてください。

ブログを開設してから3週間目になりますが、ほぼ毎日更新しています。もちろん、私は英語ネイティブではないので、英語の文法は完ぺきではありません。

幸いSNSなどから集客できているようで、開設したばかりにしては、アクセスもあるなぁという印象です。やはり、英語話者と日本語話者の人口の違いなのでしょうか…?

日本人として英語ブログを運営するのなら、アドセンスが一番やりやすい稼ぎ方だと思います。ASPを介したアフィリエイトもありそうですが、基本的に英語ベースになると思うので、私にはハードルが高そうです。楽天やアマゾンのアフィリエイトは、日本国内に住んでいる英語話者向けであれば、収益化できるでしょう。

 

英語ブログにBloggerを選んだ理由

英語ブログを始めようと思ったときに、まず考えたのはワードプレスでした。しかし、ワードプレスはメンテナンスの点からできればもうこれ以上は増やしたくないというのが本音です。それに、英語ブログとなると、おそらくスパムコメントやメッセージも多くなると予想されます。それを逐一確認して削除していくのは面倒ですよね。

それで、セキュリティ面がある程度手抜きできるように、ブログサービスを使うことにしました。

アドセンス広告を掲載したいという点と、英語フォントがきれいに表示しやすいという理由からBloggerを選んだ次第です。Tumblrも考えましたが、アドセンスがちょっと使いにくそうだと感じていたので、Bloggerにしました。

 

英語ブログで稼ぐならBloggerかTumblrかな?

ブログを収益化するつもりがなければ、アメブロやそのほかの無料ブログサービスでもいいのかもしれません。でも、アドセンスを使いたいのであれば、やはり無料で強制広告が表示されないBloggerとTumblrは有力候補でしょう。どちらも、無料でありながら独自ドメインが使えるのも大きなメリットです。いざというときにはワードプレスへの引っ越しも可能ですからね。

ただ、やはりカスタマイズのしやすさという点では、どちらもワードプレスには及びません。ですので、もしかしたら将来的にはワードプレスに引っ越すこともあり得るかもしれません。

追記:けっきょくWPに引っ越しちゃった!

Bloggerでやっていた英語ブログですが、けっきょく2019年11月にワードプレスに引っ越しました。BloggerからWPの引っ越しはそれほど複雑ではないので、特に問題なかったんですが、ちょこっと気になることもあったので、記事にしています。

ちなみに、引っ越したワードプレスブログはコチラ。英語ですが、もし興味があれば覗いてみてください。

 

スポンサーリンク
「文章で食べていく:知識ゼロからの不労所得作り」メルマガ無料登録

・知識ゼロ、未経験からウェブライターになる方法
・ライティング技術を活かして自分でブログ運営する方法
・コンテンツ販売などによる不労所得を作る方法

など、ブログや他サイトでは公開しにくいノウハウを紹介しています。

登録者全員に、

SEOライティングや文章力を200%高めるブラッシュアップ法を盛り込んだ、
PDFファイル(14000文字強)を特典として無料プレゼントしています。

登録は無料、解除もいつでも可能です。

迷惑フォルダに入ることが多いので、メルマガが届かない場合は、迷惑フォルダをチェックしてみてください。

無料ブログサービス
スポンサーリンク
知識ゼロから始める主婦アフィリエイト日記

コメント

  1. 夜行性 より:

    英語ブログ始めるときには、やはりどういったサービスで、、とか考えたりしなきゃなんですね。参考になりました。

    • Hana より:

      夜行性さん、コメントありがとうございます!

      英語ブログは日本語とはちょっと違ったアプローチが必要かもしれません。
      少しでも参考になればうれしいです。

トップへ戻る