アフィリエイト初心者におすすめなレンタルサーバー比較

私が実際に使てみた複数のレンタルサーバーの中で、
アフィリエイト初心者に使いやすいサーバーをピックアップして比較しています。

詳しく読む

ブログアフィリエイトで300記事書いても儲からない5つの理由

雑記ブログ,続かない,挫折しやすい,理由,原因,方法 ブログ

ブログアフィリエイトを始めるなら、まず100記事を目指そう!というのは、多くのブロガーやアフィリエイターが言っていることですが、中にはブログに300本記事を書いても儲からないというケースもあるようです。

300記事というとかなりの時間と労力を要しますから、これで稼げないとなるとかなりへこみますよね…。ブログアフィリエイトってどうなの?と思ってしまうのも当然です。

でも、どうして300本も記事を書いて儲からないのでしょうか。原因について考えてみました。

スポンサーリンク

稼げないブログジャンルを選んでいる

レビュー記事,売れない,成果,報酬発生

ブログアフィリエイトで儲からない、というとき、その人がどのくらい儲けたいのかによって、意味が異なってきます。ブログアフィリエイトは、基本的にどんなジャンルのブログであっても、収益化できるチャンスがあると私は考えています。しかし、ジャンルによっては大きく稼げるジャンルとそうでないジャンルとがあります。

そのため、最初のブログ設計の段階で、稼ぎにくいジャンルを選んでしまっていると、どんなにたくさん記事を書いても自分の目標額に達せないという事態になることがあります。

よく「アドセンスで今月〇十万達成しました!」という記事を見かけますが、アドセンスにおいてもクリック単価が高いジャンルとそうでないジャンルとがあります。ですので、アドセンスを使うならどんな分野で記事を書いても大丈夫と思っていると、意外と儲からなくてがっかり、ということになるかもしれません。

関連記事: アフィリエイト用のブログ作成、どんなジャンルのブログにするべきか?

また、稼げるといわれるジャンルは、それだけ競合(ライバル)が多いということになります。そのため、真正面から勝負しようとすると300本程度の記事数ではライバルに勝てないというケースも…。

広告プログラムの選択ミス

いわゆる成果報酬型広告を貼ってブログを収益化しようとしている場合、広告プログラムの選択を誤ると、いくら記事を書いても儲からないということになります。広告プログラムは、そのブログに関連性のある商品やサービスを選ぶのはもちろんですが、商品やサービスに魅力がないとどんなにいい記事を書いても売れません。

ですので、広告プログラムを選ぶときには慎重に選ぶようにしましょう。少なくともその商品やサービスの販売サイト(LP)を見て、自分が「買ってみたいな」とか「使ってみようかな」と思えないものはダメです。当たり前の話ですが、価格と商品との品質が不釣り合いなものも売りにくいので、気を付けておきたいポイントです。

広告プログラムを選ぶときには報酬単価だけで選びがちですが、そういう人は、商品の魅力などについてもう一度確認してみることをおすすめします。

検索エンジンへのアプローチミス

これは少ないケースだと思いますが、そもそもブログを「検索エンジンにインデックスさせないようにする」設定をオンにしていると、検索エンジンからの流入はゼロになってしまいます。300本記事を書いているのに、検索エンジンからの流入がほとんどないという場合は、この設定を再度確認してみましょう。

検索エンジンからのペナルティ

また、何らかの原因でブログの記事が著作権侵害に当たるような「コピー記事」と判断されてしまっている場合、ブログが検索結果で圏外に飛ばされている可能性があります。つまり、検索エンジンからのペナルティを受けているケースです。

検索エンジンからのペナルティが発生しているかどうかは、サーチコンソールの「手動による対策」で確認できます。

ただやみくもに記事を書いている

雑記ブログ,続かない,挫折しやすい,理由,原因,方法

検索ペナルティを受けているわけでもなく、ブログジャンルの選択も悪くないのに儲からないという場合は、記事の書き方に問題があるのかもしれません。ブログアフィリエイトも最近はたくさんの人が参入しているので、ちょっとやそっとの記事ではなかなかヒットしない傾向にあります。

ですので、まずはユーザーの検索意図に合った有益なコンテンツを提供することが必要となります。

それにはキーワード選定や記事内容の構成などがとても重要となってきます。キーワード選定については、私は苦手な方ですがネット検索すればたくさん情報が出てきます。ツールもありますが、時間をかければお金をかけずにキーワードを調査することは可能です。

稼げそうなキーワードが分かってきたら、それについて内容の充実した記事を書くことが大切です。そうなると自然と文字数も増えてきます。

だいたい検索上位に表示されている記事のボリュームは最低でも1000文字以上です。多いものでは5000~1万文字近くになる記事もありますよね。文字数はとにかく多ければいいというわけではありませんが、その記事に必要な内容をすべて盛り込むつもりで書くと、だんだんと文字数が増えてくるものではないでしょうか。

ブログアフィリエイトで儲けるための記事数は?

過去記事をリニューアルして再投稿することのSEO効果

ブログアフィリエイトで稼ぎたいならとりあえず100本を目指して記事を書け、というのは多くのブロガーやアフィリエイターの共通意見です。私もそう思いますが、ジャンルによっては、たとえ100本記事を書いても収入がイマイチな場合もあると感じつつあります。

以前なら、100本も記事を書けば、何かしら稼げそうな兆候が見えてくるものでしたが、現在はそうとも限らないようです。

では、何本記事を書けばいいのか?

これは、ジャンルやブログ設計によって異なるので何とも言えませんが、最近特に思っているのは「100本書いてからが本当の始まりかもしれない」ということです。100本記事を書いたからといって、収入が安定するわけではありません。放置すればあっという間に順位が下がることもあります。競争の激しいジャンルならなおさらその傾向が強いです。

ですので、100本書いて満足でなく、さらに500本、1000本と記事を書き続けることをおすすめします。たとえ更新頻度が落ちても、更新し続けていれば順位をキープしやすいです。残念ながら「作っておけば放置でOK!」なんて時代は過去のものになりつつあるのかもしれません。

ブログ継続するために必要なことは、とどのつまりたった1つ

アフィリエイトの始め方‐記事の書き方、読まれるブログ・売れる記事を書くための基本

雑記ブログは続かない、挫折しやすい理由

コメント

トップへ戻る